かいふう

近未来への展望や、如何に。

主日

f:id:kaihuuinternet:20190408202339j:plain

   イエス

 

「シナルの王アムラペル、エラサルの王アリオク、エラムの王ケダラオメルおよびゴイムの王テダルの世に、
これらの王はソドムの王ベラ、ゴモラの王ビルシャ、アデマの王シナブ、ゼボイムの王セメベル、およびベラすなわちゾアルの王と戦った。
これら五人の王はみな同盟してシデムの谷、すなわち塩の海に向かって行った。
すなわち彼らは十二年の間ケダラオメルに仕えたが、十三年目にそむいたので、
十四年目にケダラオメルは彼と連合した王たちと共にきて、アシタロテ・カルナイムでレパイムびとを、ハムでズジびとを、シャベ・キリアタイムでエミびとを撃ち、
セイルの山地でホリびとを撃って、荒野のほとりにあるエル・パランに及んだ。
彼らは引き返してエン・ミシパテすなわちカデシへ行って、アマレクびとの国をことごとく撃ち、またハザゾン・タマルに住むアモリびとをも撃った。
そこでソドムの王、ゴモラの王、アデマの王、ゼボイムの王およびベラすなわちゾアルの王は出てシデムの谷で彼らに向かい、戦いの陣をしいた。
すなわちエラムの王ケダラオメル、ゴイムの王テダル、シナルの王アムラペル、エラサルの王アリオクの四人の王に対する五人の王であった。
10 シデムの谷にはアスファルトの穴が多かったので、ソドムの王とゴモラの王は逃げてそこに落ちたが、残りの者は山にのがれた。
11 そこで彼らはソドムとゴモラの財産と食料とをことごとく奪って去り、
12 またソドムに住んでいたアブラムの弟の子ロトとその財産を奪って去った。
13 時に、ひとりの人がのがれてきて、ヘブルびとアブラムに告げた。この時アブラムはエシコルの兄弟、またアネルの兄弟であるアモリびとマムレのテレビンの木のかたわらに住んでいた。彼らはアブラムと同盟していた。
14 アブラムは身内の者が捕虜になったのを聞き、訓練した家の子三百十八人を引き連れてダンまで追って行き、
15 そのしもべたちを分けて、夜かれらを攻め、これを撃ってダマスコの北、ホバまで彼らを追った。
16 そして彼はすべての財産を取り返し、また身内の者ロトとその財産および女たちと民とを取り返した。
17 アブラムがケダラオメルとその連合の王たちを撃ち破って帰った時、ソドムの王はシャベの谷、すなわち王の谷に出て彼を迎えた。
18 その時、サレムの王メルキゼデクはパンとぶどう酒とを持ってきた。彼はいと高き神の祭司である。
19 彼はアブラムを祝福して言った、/「願わくは天地の主なるいと高き神が、/アブラムを祝福されるように。
20 願わくはあなたの敵をあなたの手に渡された/いと高き神があがめられるように」。アブラムは彼にすべての物の十分の一を贈った。
21 時にソドムの王はアブラムに言った、「わたしには人をください。財産はあなたが取りなさい」。
22 アブラムはソドムの王に言った、「天地の主なるいと高き神、主に手をあげて、わたしは誓います。
23 わたしは糸一本でも、くつひも一本でも、あなたのものは何にも受けません。アブラムを富ませたのはわたしだと、あなたが言わないように。
24 ただし若者たちがすでに食べた物は別です。そしてわたしと共に行った人々アネルとエシコルとマムレとにはその分を取らせなさい」。」

                              創世記第14章

「これらの事の後、主の言葉が幻のうちにアブラムに臨んだ、/「アブラムよ恐れてはならない、/わたしはあなたの盾である。あなたの受ける報いは、/はなはだ大きいであろう」。

そして主は彼を外に連れ出して言われた、「天を仰いで、星を数えることができるなら、数えてみなさい」。また彼に言われた、「あなたの子孫はあのようになるでしょう」。」

                            創世記第15章1・5

 

「アブラムの妻サライは子を産まなかった。彼女にひとりのつかえめがあった。エジプトの女で名をハガルといった。
サライはアブラムに言った、「主はわたしに子をお授けになりません。どうぞ、わたしのつかえめの所におはいりください。彼女によってわたしは子をもつことになるでしょう」。アブラムはサライの言葉を聞きいれた。
アブラムの妻サライはそのつかえめエジプトの女ハガルをとって、夫アブラムに妻として与えた。これはアブラムがカナンの地に十年住んだ後であった。
彼はハガルの所にはいり、ハガルは子をはらんだ。彼女は自分のはらんだのを見て、女主人を見下げるようになった。
そこでサライはアブラムに言った、「わたしが受けた害はあなたの責任です。わたしのつかえめをあなたのふところに与えたのに、彼女は自分のはらんだのを見て、わたしを見下げます。どうか、主があなたとわたしの間をおさばきになるように」。
アブラムはサライに言った、「あなたのつかえめはあなたの手のうちにある。あなたの好きなように彼女にしなさい」。そしてサライが彼女を苦しめたので、彼女はサライの顔を避けて逃げた。
主の使は荒野にある泉のほとり、すなわちシュルの道にある泉のほとりで、彼女に会い、
そして言った、「サライのつかえめハガルよ、あなたはどこからきたのですか、またどこへ行くのですか」。彼女は言った、「わたしは女主人サライの顔を避けて逃げているのです」。
主の使は彼女に言った、「あなたは女主人のもとに帰って、その手に身を任せなさい」。
10 主の使はまた彼女に言った、「わたしは大いにあなたの子孫を増して、数えきれないほどに多くしましょう」。
11 主の使はまた彼女に言った、「あなたは、みごもっています。あなたは男の子を産むでしょう。名をイシマエルと名づけなさい。主があなたの苦しみを聞かれたのです。
12 彼は野ろばのような人となり、その手はすべての人に逆らい、すべての人の手は彼に逆らい、彼はすべての兄弟に敵して住むでしょう」。
13 そこで、ハガルは自分に語られた主の名を呼んで、「あなたはエル・ロイです」と言った。彼女が「ここでも、わたしを見ていられるかたのうしろを拝めたのか」と言ったことによる。
14 それでその井戸は「ベエル・ラハイ・ロイ」と呼ばれた。これはカデシとベレデの間にある。
15 ハガルはアブラムに男の子を産んだ。アブラムはハガルが産んだ子の名をイシマエルと名づけた。
16 ハガルがイシマエルをアブラムに産んだ時、アブラムは八十六歳であった。」

                              創世記第16章

 

 

アフガニスタンは、タリバンに制圧されたのか。

_____________________________________________________________________

_____________________________________________________________________

『お庭番』を募集しよう。

○ 甲賀、伊賀、雑賀、根来衆等、出自を問わない。

○ 赤十字は医療。ならば、『黒十字』としようか。

○ 主に、夜間派遣で、無償ボランティアである。

○ 基盤は言わずもがな、クリスチャン。

補 彼らとて、赤外線を手に入れるやも。それとて。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

要は、無関心ではいられない。わずかでも、関心を持とう。

それが、主旨です。

 

 

法治国家の行方

コロナ禍下

 

自民総裁選、4候補表明会見。

______________________________

______________________________

各派閥が領袖が発言、各々自ら決めよ。ここで、外部に要らぬ醜態さらしては、後に控える衆院選が危うくなろう。

ブルーリボン」バッチ襟に付けてたは、岸田候補だけか。

なまじ付けたはいいが。マスコミ攻勢で、返答できず仕舞い。ボロ出すより、無難でしょうよ。

ここで、先日に、最初の立候補者岸田氏が、財源に赤字国債発行を述べていたが。

30年前のバブル時、それに至るに、建設及び赤字国債も発行してた。それを、思い出した。

 

それが、何時の間にか。財務官僚の詭弁に弄されて。国民が借金、雪ダルマ式に増えて、消費税アップ止む無しの、世論を醸成させられ。

ダマされたのかな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『いっそ、コロナバブルで行ってしまえ!』

 

ある時代

「インド太平洋」という呼称は、何時からか。

__________________________________

__________________________________

【ワシントン時事】米国とオーストラリアは16日、ワシントンで外務・国防閣僚協議(2プラス2)を開催し、豪州に巡回駐留する米軍の規模拡大で合意した。米英両国は15日に豪州の原子力潜水艦建造を支援する方針を表明したばかり。インド太平洋で安全保障連携を強化し、急速に軍事力を拡大する中国に対抗する狙いがある。

米英豪「対中国」で新枠組み 原潜建造、安保分野で連携―インド太平洋で抑止力向上

 オースティン米国防長官は協議後の記者会見で、双方が「豪州での米軍プレゼンスを拡大する重要な軍事態勢構想」で一致したと説明した。ダットン豪国防相も「軍の態勢をめぐる協力を大幅に強化し、相互運用性を高めつつ、インド太平洋での同盟活動を深化させる」と応じた。具体的には、あらゆる種類の米軍機の巡回駐留を認めることで、航空戦力の協力を拡大するという。(時事)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新たな二つの協定を、重ね合わせれば。見えて来る。

「日米豪印」(クワッド)と、此度の原潜技術供与「米英豪」(オーカス)と。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

かって、海上自衛隊のそうりゅう型潜水艦が、オーストラリアに採用される、その案件があった。

しかし、時の政権トップの交代により。フランスが、それを獲得した経緯がある。

しかし、フランス製の原潜をだよ。機関をディ―ゼルに大改造して、後顧の憂いは皆無だったのだろうか。勿論、日本製は、最初からディ―ゼル搭載故。

だが、そうりゅう型潜水艦の最新機密もまた。オーストラリアに進出浸透した、中国からの留学生やら、間接的に流失するリスクも懸念された訳だから。

もしもの戦時下が現出時。留学生等もスマホ等で、スパイに変身は、昨今はサイバーセキュリティ上、そんなの常識なんだろう。

中国潜水艦が出没、領海侵犯疑惑が浮上するに及んで。

此度の原潜技術供与「米英豪」は、既存の米英のみならず。

南半球が海域も、対共産圏への広域防衛網として、機能連係が活発になるのだろう。

--------------------------------------------------------------------------------

アングロサクソン、「ワスプ」。基盤母国語が英語なんだから。

何かと、スムーズに事が運ぶだろうし。

あらゆる種類の米軍機の巡回駐留を認めることで、航空戦力の協力を拡大するという。

>>トランプ前米大統領が、日本に売り込んだ、最新鋭ステルス戦闘機F35Bにしても。

英国空母「クイーンエリザベスⅡ世」に採用搭載の常駐機種と同型。つまり、既に連係してる。

F35Bが最前線での、トライアングル戦略が運用可能、という構図ですよ。

生誕80年、不慮死40年がロックの伝説。彼の楽曲ではないが。「イマジン」(^^♪すれば。何と広大な水平線をカバーする、空域の出現でしょうか。ショーですよ。

抑止力の凱歌、と云いましょうか。

それらが、制空権を握る。その下地ができたとも言えよう。

www.kaihuuinternet.work

 

 

ある日

f:id:kaihuuinternet:20190328214307j:plain

バーガーキング」をテイクアウト。ワッパーJr.単品半額、本日まで。

_________________________________

_________________________________

この一週間、キャンペーン価格。   「GRILLINK   SINCE 1954」とある。

二日連続で、食した。紙袋でお持ち帰りしても。未だ、温かい。半額故、2個たいらげる。これも、美味い。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

翌日も通う。3個購入。

店内、キッチンカウンターの奥にも、座席があって、奥行きがある造りだ。

店頭から、室内に入ると。中央に2台のセルフサービスの注文機が設置してあり、

それを使う客もいる。

繁盛してる。コロナ禍下。それもあるな。

カウンタ―越しの店員がユニホーム。全員が日本人、世代が違う、皆若いんだよ。

大陸食文化圏に迷い込んだ、感覚だ。

その都度、驚かされるは。店内設計、インテリアというか。

JR駅近く、激戦区。坪単価高いだろうから、1階だし。

流石、業界NO.1のライバル店とは、方角距離がある。

--------------------------------------------------------------------------------

[拉致事件]の、横田めぐみさんのポスターを貼らせてもらった、その店の主人に1個手渡した。

 

 

www.kaihuuinternet.work

 

 

 

 

ある時代

 

 

コロナ禍下。

_______________________________________________________________________

_______________________________________________________________________

「ブースター」という、三回目の接種があるそうな。

しかし、来年以降らしい。それで、ならば、その間の空白は、どうすればよいのか。

確かに、二度の接種は、自由度をかなり広げた、と受け止めてはいる。

この安心感の高揚は、要件を満たしている。気分が楽になった。これ、高齢者には重要。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

室内殺菌用製品を買う際、その店の入り口で、並んであった。安い商品ではない。しかも、研究用とあるではないか。

外出時、ペットボトルは、カバン等にいれて、常時持ち歩いている。それも、使用済みでも、水道水を足したものだ。100円硬貨も、小銭とはもはや思えない。

 

 

主日

 

f:id:kaihuuinternet:20190408202339j:plain

エス

徒労、を忌み嫌うが、峻別というべきか。

____________________________________

____________________________________

還暦過ぎたら。避けねばならぬ事、敬遠して様子見しよう。

とにかく、虚栄や見えは卒業、修了証。

すべき事を、為す。優先事項を選別、もう決して後悔等、割り込ませぬ様。

決意しよう。

友の為に、という[聖句]。あるのだけれど。

親友でさえ。別れる時に、そうして来た。彼らも、新しい家族を迎え入れ、人数も変わっただろう。

何事かをしたい、やって済ませたい。無碍に断る事がなくても。理由をば、説明して。

時には、自ら友情を遮断してまでも、為さねばならぬ時は、そうすべきだ。

親友なら、わかってくれるだろうから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

学校で、学生生活で。何故、生徒と呼称するか。気にした時期があった。

『アダに生きるからか。』。教師にとって、世代が違う生徒は、所詮。

教室から外へ出れば。戦争も知らない。紛争も構わぬ。義務教育だから、修了証もらうまでの、辛抱。いや、それ故。補習授業もあった訳でして。

--------------------------------------------------------------------------------------------

何時までもあるとおもうな、親と金。これ、[聖句]にあらず。

親から、聞いた。

何度でも言ったでしょ。もう、無心はできぬ。

 

徒労、を忌み嫌う習慣を、身に付けよう。

「天国への階段」、を望むなら。他人付き合いもほどほどに。

_______________________________________________________________________

再掲かも知れぬが。何処ぞの国で、高校教育、授業料無償の制度が、施行された。

公立、私立の学費の垣が撤去された訳だろうけど。この政策でさえ。

[拉致事件]の数十年、未だ未解決。その視点から察するに。日本史戦国、大阪城落城への道筋。外堀を埋めたかいな。日本は、ここまで開放されたんですよ。

ですから、義務教育が中学一年生、その少女、未だそれを終えてませんので。帰してくだされ。

長期戦覚悟で、その間。どんな内政が、外交に反映するやら。世代交代して。世襲制だろうと、代われば。意外と、すんなり行くんと、ちゃうか。

 

それでも。隠蔽、捕囚されてある拉致被害者。その救出が為、支援行為を。

今でも、徒労だとは思っていません。

 

国会等で、我われが支援を。停滞、遮断するが如き、ヒステリー騒音。そして、マスコミが取材の関心を外して、質疑をはぐらかそう雑音。それらの類に、要らぬ徒労を、覚えて来ました。

何が徒労で、そうでないか。各自、自重して、備えてください。

峻別が思考を、怠ることなかれ。

 

アーメン

 

 

 

 

 

ある日

f:id:kaihuuinternet:20200813215051p:plain

        U S A

 

アメリカ同時多発テロ事件から、20年。

__________________________________

__________________________________

現代史の始まり。世紀末から、新世紀。幕開けが、このような大事件で、喚起されるとは、誰も思わなかったろう。

我が目を疑ったは、まるで劇映画のワン・シーンが飛び込んで来て。それが、あの摩天楼のビル群。その最も青空に映える、超高層ビル。しかも、隣接がそれも、連続して。

炎上、衝突してる瞬間は。もう、この世の終わり。

それを、肉眼で眼上に見た、ニューヨーク市民。

先ず、信じがたい!!

戦闘機の単独侵入、レーダー網をかいくぐって。それが、まさに二番機の機体の大きさから。ハイジャックされた、民間旅客機。

市街の日常的生活の市民からすれば。後何機が、来るやら。パニックは始まっている。

その終わりが見えない不安と恐怖。

どうやって、何処まで逃げる。脱出できようか。何十万、いやそれ以上。

群衆、そしてまた群衆。掻き分け、声掛け合い。

 

衝突のエネルギーは、炎上と圧力でビルの構造鉄骨を溶かす程だった。

もろくも崩落する巨塔。その粉じん雪崩が、歩行する足元へ流れ込んで来る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アメリカを母国とする、市民の胸中、心境は如何ばかりか。

初めて、そう思ったものだ。

そこは、アジアの半島でも、海でもないのだから。

------------------------------------------------------------------

当時の大統領も、式辞を述べる。あの時、瓦礫と廃墟と化した現場で、消防隊員やら警官、そして被災民に囲まれ。手にした拡声器一つ。選ぶ言葉に、度々窮しただろう。

彼の両肩の背負った、十字架の重さは。犠牲者の未だ判明しない未知数。

やっと耐えてる。

そこには、ひとりの市民が、選ばれたが故。

彼が、発言しなければならない。同朋に、訴えなければ。

彼が国民を、説き伏せ、鎮めなければ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

犯人像が、逐次解明されるに及んで。

イスラムか。イスラム圏だ、イスラム教徒。過激派だ!!

それは、島国特有の神道でもなければ、ブディズムでもない。

キリスト教の神と、アラーの神だ。彼らの神だ。

その闘いだし、戦を開けてしまった。

_______________________________________________________________________

_______________________________________________________________________

ハノイ時事】日本の岸信夫防衛相、中国の王毅国務委員兼外相が10日から12日にかけて、相次いでハノイを訪問し、ベトナムとの関係強化を互いにアピールした。「地政学的に東南アジアと東アジアが重なり合い、地域で重要な役割を果たす」(岸氏)と期待されるベトナムをめぐり、日中が積極的に外交戦略を展開した。
 岸氏は11日、日越防衛相会談を開催。日本からの武器輸出を可能とする日越防衛装備品・技術移転協定の署名にこぎ着け、「両国の防衛協力が『新たな段階』に入った」と表明した。12日には、グエン・スアン・フック国家主席、ファム・ミン・チン首相を表敬訪問した。
 王氏は10日、ファム・ビン・ミン副首相と2国間の定期会合を開催。新型コロナウイルスの流行封じ込めに苦戦するベトナムに、ワクチンを追加供与する考えを伝えた。11日には、グエン・フー・チョン共産党書記長らを表敬し、関係強化を強調した。 (時事)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

歴史の史実をひも解けば。無神論が彼の超大国を、有神論へと引っ張るは、ローマン・カトリックが、プロテスタント諸派より、近い座標に在るは、明らかだろう。
アヘン戦争」の、残酷は、ほとんどアレルギー体質を、形成してしまった。
そして、「ヨハネ・パウロ2世」は召されても。
最新鋭双頭空母「エリザベスⅡ世」は、その彼女から、シャンパンの洗礼で進水。初来日、寄港したのだから。