かいふう

近未来への展望や、如何に。

法治国家の行方

f:id:kaihuuinternet:20190501005331j:plain

日の丸

 安倍内閣総理大臣訓示

自衛隊の最高指揮官たる内閣総理大臣として」

 

安倍晋三首相は17日午後、防衛省自衛隊の幹部を集めた懇親会を首相公邸で開いた。「今年、自衛隊は創設65年を迎える。これは絶対に忘れない。なぜかと言えば、私が65歳を迎える年だから」とあいさつし、会場の笑いを誘った。
 首相は「自衛隊と私の人生の歩みは全く同じだ。人生100年だから、100周年でも何とかごあいさつさせていただきたい。もちろん私は現役ではないが」とも語った。対北朝鮮の警戒監視、台風15号などの災害対応に当たる自衛隊の任務に触れ、「心から頼もしく感じている」と激励した。(時事) 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

この訓示は、現状。昭和二十年八月十五日、終戦の日。その日以降に発布され施行された。その憲法に依拠しています。

有事の際の、自衛隊の最高指揮官は内閣総理大臣です。これ、確認作業ですよ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その彼は、憲法第九条2項、自衛隊を明文化を謳っています

[拉致事件]。40年。もはや、早期解決の為には。法治国家の基本。

それ、を条文に記載するが。手っ取り早い!だって、40年ですから。

その奪還の為に。それのみの為だけでない事は、承知してます。

ワンノブゼム。そうでしょう。

明文化なるもの。我が国の法曹界は、渋っているようだ。一度、そうすると。後戻りできない、云々。しかし、如何に保守的とは言え。喧々ごうごう、その終息まで待ってられますか。

いずれにせよ、国民の総意。然るべき手段、方法により。

国難】を肝に銘じて。[拉致事件]、早期解決の為にも。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 第4次安倍第2次改造内閣の顔ぶれ  その1

高市早苗総務相、リターン!!」

早苗タンが、リターン。戻って来た!!

まだ若いぞ。頭の切れもいいぞ。

東大寺山門前の、老舗の奈良漬け店。お茶ずけサラさら行きたいな

                     その2

「河野防衛相、空母化は要件でしょう。」

防衛省での、安倍首相と並んで。着任式。とても清冽で印象深い。

                     その3

「茂木外相、台湾、香港、そしてソロモンもですね。」

新任の外務省記者会見。拉致への質疑応答で、「チャンス」と回答してました。

              その4

「加藤厚相、拉致国民大集会、シェーンバッハ・サボーの壇上での力強いシュプレヒコール、覚えてます。」

ある日

f:id:kaihuuinternet:20190501005331j:plain

日の丸

おうちにケイロ―、の日
総務省は16日の敬老の日に合わせ、65歳以上の高齢者の推計人口(9月15日現在)を発表した。今年は団塊の世代(1947〜49年生まれ)が70歳以上となる年に当たり、70歳以上の人口は前年より98万人多い2715万人で、2700万人を突破した。総人口に占める割合は21・5%(前年比0・8ポイント増)となった。 65歳以上の人口は3588万人(同32万人増)で、過去最多となった。このうち男性は1560万人、女性は2028万人だった。総人口は26万人減っており、65歳以上の割合は28・4%(同0・3ポイント増)と過去最高だった。この割合は世界201の国・地域の中で最も高い。

 80歳以上は前年比21万人増の1125万人(総人口の8・9%)、90歳以上は前年比13万人増の231万人(同1・8%)だった。

 一方、労働力調査によると、2018年の65歳以上の就業者は862万人(前年比55万人増)で、15年連続で過去最多を更新した。就業者全体に占める割合(12・9%)も過去最高となった。(読売)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

「令和」以降だったか。現在は、『祭日』が無くなったようだ。

「まつり」が無くなったと云えば。

「まつり」さんも亡くなった。

知ってる人は、知ってる。

「昭和」のあの事が、「伝説」と呼ぶなら。

「まつり」さんも亡くなった、は「平成」の「それ」と、連呼しようか。

忘却より、「伝説」に封印して。鎮魂に近く、納めるなら。彼らも鎮まるだろう。

「昭和」のそれは、「言霊」と、その対象が在り。しかも、二人でであった。

それは、古式に則り、二人が必要だったからであり。そうしないと、伝わらなかった故だろう。

 「平成」の「それ」は、「まつり」さん、ひとりでであった。しかも彼女は、母子家庭でもあった。

「昭和」のそれ、のひとりは、「まつり」さんと同じ母校であり。彼女の死の世の荒廃を、予見したなら。的を射たを、「慧眼」と呼ぼう。

恐れを、「畏れ」に変える事ができよう

「慧眼」の母堂の、あの日の接近への誹謗を、忘却する事ができる。

まことに、これが輪廻転生か。知らずとも。

斯様にして。迎えたは、「令和」の御代。「言霊」と、「畏れ」とを合い携え。

大和撫子」の無念をも相携え。

国難をば忘れまいぞ!!

 

 

或る日の翌日、あるいは主日の前日


f:id:kaihuuinternet:20190623060804j:plain

エス

だから、目をさましていなさい。その日その時が、あなたがたにはわからないからである。

二タラントの者も同様にして、ほかに二タラントをもうけた。一タラントを渡された者は、行って地を掘り、主人の金を隠しておいた。

すると、主人は彼に答えて言った。『悪い怠惰な僕よ。あなたはわたしが、まかない所から刈り、散らさない所から集めることを知っているのか。・・』

               マタイによる福音書第二五章13・17~18・26

 半世紀前。その時と、現在をば比較して。何がどう変わったか

それを、検証してみる。つまり、その事に、私はこの日を費やすことに、決めた

この国の歴史。それを、「運命」という言葉に置き換えるなら。そのような時点を、被ったなら。

原爆許すまじ」。その声なき声が、今も残響する。

私も含めて。「戦争を知らぬ世代」が、それらのフレーズ、英語で述べるのだから。

国鉄がJRと名を変えて。西日本、東日本他に分類された。

そう、半世紀前は、西日本のみに、被爆地なるもの。二カ所あったのだ。

そして、現在は【東日本大震災】以降、福島。そして、運よく免れたが、臨界まで達した茨城東海村。この二カ所も加わり。

この点、西日本、東日本の差異は感じない。もはや。

近くの東電社宅も、2棟が、現在1棟になり。福島クラスが来ても倒壊せぬ鉄筋コンクリート造でも。更地から、新築建売。もう、皆入居。

残存せる1棟には、一戸だけ室灯を確認するのみである。福島からの被災民、だそうだ。

昨今。売り手市場と巷では。しかし、職種、業界の違い。

それで、厚生年金加入を、パートまで緩和の政策は。雇用確保の柔軟性、定着率流動性からも、時代の趨勢にマッチしてる訳でしょう。

多様なニーズにこたえる。

昔、釣り鐘型の図表。生年度別横棒グラフ。

戦後の日本人は、その多数が「中産階級」というイメージを共有できたが故。平穏無事に暮らして来れた、らしいのだけれど。

この先、お前先。もとへ、御前崎。そこで、土地柄、干し芋植えようが

極少数の億万長者と、大多数の下層民と。その中間層が空洞。そんな歪風鈴型の図表だけは、拝みたくないな。

年功序列がアンシャンレジーム。月給制と、時間給。並列させて。そんな共働き夫婦も居て。だから、幼児保育は、国費負担。

自助努力も、意識変革だな。

我もタラント足らんと欲す。

 

或る日


f:id:kaihuuinternet:20190623060804j:plain

エス

八日ののち、イエスの弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸はみな閉ざされていたが、イエスがはいってこられ、中に立って「安かれ」と言われた。それからトマスに言われた、「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手をのばしてわたしのわきにさし入れてみなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい」。

トマスはイエスに答えて言った。「わが主、わが神よ。」イエスは彼に言われた、「あなたはわたしを見たので信じたのか。見ないで信じる者は、さいわいである」。                    

                     ヨハネによる福音書第二〇章26~29

本日は、13日の金曜日。お解りですね。

我われも、キリスト教徒のひとり、となって。相見えようではないか。(その2)

消去法なる手順が、私個人のキャラクターからして。合っている。

そして、ああでもない。こうでもない。それで、残った領域というか。それを見るに。

例えば、マイクロホンの発明が、サン・ピエトロ広場。そこに参集した世界各地からの信者に、ローマ法王が。その群衆の歓呼と声援に、回答。それを容易くする為に為された。それを知っても。

『トマスの福音書なるものを、読了。そして、その真贋を問われた際、その回答が、私個人の見解として。否であれば。

同じそれを。ローマン・カトリックが容認したのであれば。

導き出されるは、見解の相違。すなわち、「イズム」の違い、に他ならない。

付け加えるが。私は読了。読解した、読破したとも言ってない。まあ、学校の試験なら。可→良→優。そんなところか。読破したは、その業界評論家で飯が食えるか位か

私はプロの教育評論家でもなければ。宗教論講師でもない。

或る意味、アルミの投げ銭。昨日食した「イワシのかば焼き」の空き缶に、してくれないか。ネット上。それらをポイント換算しての仕組み。未整備だろう。

サンマがダメなら。イワシが、後継魚種だ。その業界、親子が世代交代。

秘伝のタレ、調味料の配分比率等。庶民の食文化も、伝統の内。

閑話休題

さて。『盲信』するリスク、なるもの。あるんだろうか。

新に発見された『某福音書』なるもの。それを、はっきり「否。」と言えれば。

そのリスク、そのものから、既に逃れる事ができますよね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

既信者なる者。

所属する教会が、牧師が集会説教等で、堅固な説得を聴けば。納得すれば、済む。

信者でありながらも。仕事現場。自宅周辺の日常生活で、

盲点突かれるを、度々。経験及び体験させられれば。トラウマも生じよう。

そうではなくて。

『虚構宗教』なるものが蔓延る。それに無感覚な状態

抵抗もしない。反論もできない。その確固たる意志、批判精神の欠如。

そのリスクは問われるでしょう。

『盲信』するリスク、それが、問題だ!

前門の虎、後門の狼」という、古来からの故事もある。

既信者なる者。13日の金曜日。それを迎えて。「グッド フライデー」と呼びます。

信仰を続けてきた、棄教しなかった己。

しかし、それを。「グッド フライデー」と受け止めるには。

近辺、周辺に不穏な、怪しい空気、動向はないか

似非やモドキに、騙されたり。ましてや【無理心中】は御免です。

 

 

 

法治国家の行方

【9.11】から、18年。

 

www.kaihuuinternet.work

www.kaihuuinternet.work

 

それは、最現代史の始まりなのだろうか。

校舎の机上で「世界史読んでますー

地下鉄の通勤電車で、日本の朝刊読んでました

そういう日常から。

コンマ秒単位の、現実を、視た。

いや、見せられてしまった。

それは、個人の当惑など重箱の隅をほじくる。類であろうはずなく。

島国の住民の、受動的対応で済む訳がないんだ

事件の詳細が刻々。明らかになるに連れ。

蚊帳の外だな。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ハイジャックされた航空機の一機に、唯一の日本人がいた。彼は、その時20歳で、学生であった。

後年。壁屏風の慰霊碑、その奥から歩いて来てだろう。ひとり立ち止まって、女の人が佇んでいる。他に誰もいない。

そのロングショット、を撮ってるは。偶然居合わせたからであろうか。

その彼女、見つけたくないものを、見てしまった。

それで、育てた20年間を、邂逅してる

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

勿論、私も、彼の名を覚えた。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[聖書]に手をおいて、建国以来。国難に遭遇すれば

その国の最高権力者にして、指揮官たる。大統領が、先ず何を為すべきか

クリスチャンなら、アメリカ国民なら。そこから考えて、命令系統に指示を出すだろう。

その結果が。首謀者の特定と、しかるべき対応。10年の執念は、国境を問わず。

国民の民意の鎮静のみならず。国家の威信、名誉回復である。アメリカ合衆国だ。

気付かされる。あくまで、[聖書]の中の、話だ

祖国、母国を。卑劣、惨いやり方で破壊、殺傷されたキリスト教国。

キリスト教徒の、対【イスラム過激派】への抗戦。

その図式。この際。他の異教徒等、眼中に無い

それで。[聖書]を読解してなければ。

次に起こる最現代史は、わかりずらいのではないか

再度言う。コンマ秒単位の、現実だよ

 

 

 

 

法治国家の行方

21世紀。『スフィンクス』は、謎ナゾに4本足を問う。~「ゴーン事件」と、その周辺。

日産自動車は9日夜、前会長カルロス・ゴーン被告らによる報酬不正に関する社内調査結果を公表した。一連の不正の規模は全体で約350億円に上り、同社はゴーン被告と前代表取締役のグレッグ・ケリー被告に対して損害賠償請求などの法的措置を取る。一方で、西川広人社長の不正関与はなかったとした。

 このうち「ストック・アプリシエーション・ライト(SAR)」と呼ばれる株価連動型の役員報酬制度の不正については、ケリー被告らの偽装工作により、当時副社長だった西川氏の報酬が約4700万円不正に増額されていたと認定。さらに元取締役2人と現・元執行役員4人にも同様の方法で不正に報酬が支払われていた。
 ただ社内調査は、西川氏らについて、不正な手法で増額されたことを知らなかったなどとして、「不正行為に関与したとみる余地はない」と判断。責任は追及しない方針を示した。(時事)