かいふう

近未来への展望や、如何に。

法治国家の行方


拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ! 国民大集会

令和元年5月19日(日)午後2時~4時半 

シェーンバッハ・サボー

f:id:kaihuuinternet:20190419004328j:plain

拉致 国民大集会 令和元年 no.1


拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ! 国民大集会

令和元年5月19日(日)午後2時~4時半 

シェーンバッハ・サボー

法治国家の行方

  

たとえば、「地の塩」を舐めた、その身。から、40年。だから言う。

[ある書物]に、報いを受けないようにしなさい。

このフレーズで、厳格と教訓とを伴うならば。クリスチャンなら、わかろう。というものだ。

かって、某地で、先輩の同僚に。その地を離れる前後に。強くはっきり口頭で言われた。彼は言った。『クビから上しかいらない。生かさず殺さずだ。』ような内容だった。

この発言もあって。この事だけではないが。暇乞いを、願い出た。

彼からすれば、現場の先輩上司として。不安を感じたのだろう。

願い出た対象は、その職場の最高責任者にして。法人組織としての雇用者でもある。 

そして、数年後。訪ねた折には、写真も撮らせてもらった。公的法人であるので、配慮であったろう。撮影対象者彼らが、肖像権なるもの知らずとも。カメラマンが未だ記憶ある者であるなら。許容範囲、その基準は、法人の判断が裁量である。

更に後年、訪ねた折。撮影時の建物すでに無く。敷地内、新築。門の表札も、町立となって在った。在職時の面識ある同僚も居たので、新設館内見学許可あった。

町立になった。というは、準ではなく。法人の設立時とは、その性格を変えた、という訳であろう。

確かに、平成の大合併はあった。今となっては、それが、東日本大震災以前か、以降か。いや、大合併以前だろう。

[ヱマオ]は、消えた。亡くなった。

すると、あの時彼が私に対して言った批判評価は、まさに、ブーメランした。と思わざるを得ない。『・・・。生かさず殺さずだ。』

[ヱマオ]は消えた。は、そういう訳だ。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

私が在園当時、備品のハンドブックで調べた限り。設立の資金比率なるものは。

国が1/2、地方が1/4。そして、設立者が残り、即ち1/4となる。

つまり、設立者が個人で、故人になれば。契約時に元々借地であれば。

返還されるは、市町村だから。町立となる訳だろう。たどれば、平成大合併で、市名が変わっただけなのだろう。大合併後に、市立になったか。知らない。

個人的関心は、[ヱマオ]が消えて。キリスト教の意識、それが消失した。その事である。

しかし、徹底して載せるならば。キリスト教精神なるものは、継承されてある。と言っていい。近隣に、教会が在る。そこと、係わりが有る。を知っている。

結論は、キリスト教社会福祉法人が『生かさず』になって。宗教法人がひとつ生まれた。そんな処か。

 

 

 

 

法治国家の行方

 憲法前文ならぬ、その前に。

国家行事のあとさき。その改元特番で、NHKがTV放映の力作。それを視聴するに当たって。まさか、後日。

『ちわーっ、エヌ・エイチ・家です。先日の天皇制がらみ、1時間以上、視ましたよね。』『1度でも、1ヵ月分徴収です。』、

は無いだろうけど。

それに、疑心暗鬼ビクついて。オーソドックスな番組、見逃したくないな。

それで、間接的視聴を国是、もとへ。個室固執心がけてる。ああ、貧民爺いだな

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

それで、独論。無償でいいです。国家の大事。この度は、祝典でしょう。

西洋の知の巨人が、何と。カントじゃないですよ。関東でもない。阪神論、もとへ。汎神論を述べている。

独論ですから、ドイツの人です。彼が言うに。

文学は成熟した自然。それを、シンボルで表す。哲学は成熟した理性。それを、ロゴスで表す。」「未熟は、神秘主義がどうのこうの。」

ええ訳だな。いえ、英訳です。 皆さん、上記のシンボルを、英訳すると、どうなります。象徴です。省庁内でも、そうです。公私は問わない。

流石、現在でもインスティチュートを構える、文豪にして法律の実務もこなしたタレント。

東洋はどうだろう。この国には、鎮守の杜がある。「村の鎮守の神さまは~♪」は、境内に何抱えて居るか。そうだ。そこには、うっすら茂ったが在る。自然

例えば、東北は白神山地の古き年輪の大森林。世界自然遺産に登録されたは、日本列島の豊かで美しい大自然。シンボルとしての、大和民族的考察。ならば神道もある。

それは決してキリスト教の神ではないのですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日が明けて。もはや、上皇となられた先帝と。

凛々しくも、「即位後朝見の儀」及び「剣爾等承継の儀」で登壇された新天皇

憲法で、有る。天皇の在り方に、象徴としての天皇、を保持されるは。

儀式にて、正装礼服に付けた勲章の功労にふさわしい公務を背負う大任。並びに、国民に寄り添い、国民の期待に応えんとする。

内なる自負あればこそ。

 

あるある納得

f:id:kaihuuinternet:20190501005331j:plain

日の丸

 新天皇陛下 ご即位の儀式 「即位後朝見の儀」、「剣璽等承継の儀

初めて、まじまじとしっかり拝見しました。こういうものなのか、と。

背景の紫の緞帳が、映えます。直立不動の姿勢。晴れの日ですから。

側面の車椅子の御仁は、常陸宮殿下。退出の際の杖の方は同妃殿下

令和天皇の誕生です。

あるある説得

f:id:kaihuuinternet:20190501005331j:plain

日の丸

天皇陛下 ご退位の儀式 「退位礼正殿の儀」

生中継から、遅れること6時間以上後。YouTubeで視聴。

今回の事。200年以上経過しての。果たして、では誰からの要望であるか。

誰からの説得と言えるか。平成天皇、側からでしょう。

憲法が、『天皇の権能』について。明治欽定憲法と比するに、はなはだ制限され。

誰が、それに取って代わっているか。いや、『天皇の権能』なるもの。それはもはや、空中楼閣の代名詞、でしかない。云わば、『死語』です。

大きな自然災害に。その被災民に直面して。現地体育館等で、膝付き合わせて、対話されたのも。年号と共にある公務の一環。

本日、お言葉にある。国民への深い信頼と敬愛、に他なりません。

平成天皇は、新しい前例を、用意されて。退位された、のでした。

それにしても。三種の神器なるもの。

剣と勾玉は、目視確認したが。紫箱は、皇印と国印であって。

銅鏡は、伊勢神宮に在るらしい。

 

 

 

あるある訣別

平静でなかった、『三婆あ』にさらばを。~改元「夜明け前」。

1.『廃れた預言の婆あ

まあ、すでに大人だったし、当時からクリスチャンだったろうから。

気疲れする、って。赤字でしょ。赤字のお付き合いで、未来有るの?

無いよね。じゃ、決まり!

 

2.『目明きがメクラの真似した婆あ

義務教育時から、晴眼者って知ってる。二十歳過ぎて、何で怪談ごっこするか。

インテリ女子の、ムジナ女の証明?これも、気疲れするは同じ。

肋骨肘鉄願望・未信者症候群。

3.『排ガスたれ流す中から蔑視した婆あ

駐車違反してまで。何でそれしか出来んのかね。

 

当方、還暦過ぎると。端くれでもクリスチャン数十年。

もう、嫁に行っただろうから。もしくは、婿養子ゲットしただろうから。

この日本、母国でも。1億人居るんだから。もう、回答、否。解答出たんだから。なるべく会わないようするが、大人の分別。でショウガ、もとへ。しょうが。

この、『三婆あ』にはもう決して会いたくない。否、会わないだろう。

近代日本の開闢時。島崎父さん、もとへ。藤村も、挑戦して。斯様な不朽を残した。

しかし、今や、木曾路は全て山の中である。は、どうだろうか。道路だろう。

御嶽山は、信仰の大正、もとへ。対象としての明治。もはや、噴火監視の地震列島。

自然災害の対象。

ここに、爺いも居るがね。

主日

 

 

 

春のコンサート2019

 

行って来ました。晴れた日の野外ライブ

生演奏は、もう忘れた。芸大キャンパス内、有料でのクラシックコンサート以来か。

今回は、税金還元でもあるからして。地元のゆるキャラも登場。

端くれは納税も兼ねてる身からして。もはや、「ふなっシー」のファンから、移ることにする。

主催者側からすれば。地元から、国際的スターを誕生、売り出して。ふるさと納税を誘発、税収をプラスへ。

会わせて、来日して活躍されている新進オペラ歌手の男女、それぞれ実力者で、選曲も良い。

「荒城の月」♪ をすべて日本語でバリトン独唱の彼 ヴィタリユシュマノフ剣舞付き。それを踊娘さんが、古来のポニーテイルで舞う。

イタリア民謡「カタリ」♬も、ミュージィカルナンバーも歌った。

「私は愛されて生きている♪」という歌詞を同じく日本語で披露した、ソプラノのオクサーナステパニュック、彼女の音域の幅には聴き惚れた。

今流行りの「ボヘミアン・ラプソディ」♬の「アイ ウォズ ボーン トゥ ラブ ユー 」♪を意識してか。

そして、地元が生んだ。司会者のお姉さんが、彼が小学校から、目を掛けていた。

ピアニストのプリンス、彼のいわば凱旋公演でもあろう。独奏が始まった。

この演奏会。歴史の街、の金堂跡地のリニューアル。そのいわば杮落し公演でもある。

ピアニスト福間洸太朗は、市の観光大使でもある。

演目は、モーツァルト、リスト「愛の夢」♪、ショパンのバラード、そしてスメタナモルダウ」♪

『隠れポーリッシュ』だった私には、平成最後の生コンサート。ピアノの詩人ショパン賞受賞のピアニストに、そのライブに立ち会えるなんて。願ったり、叶ったり。

意外に、特等席。彼が独奏を、後方から立ち見した。演壇との落差がちょうど。彼の弾く白い鍵盤、黒のグランドピアノに黒い礼服。ある時は、両の手が白盤枠いっぱいに。

その技巧の開閉。枠ワクでしたよ。今まで、その位置からは無いでしたから。

途中、私の斜め後方に奇声、振り返ると。車椅子の少女が、家族と共に居た。

その少女はともかく。ずーっと、立ち見していた老人の襟に。やはり、ちいさなブルーリボンが付いてる、を司会者のお姉さん等が、見ただろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まさに、『遅れてもNO税、もとへ。納税』

老人の「オートバイ・ララバイ」♪もよろしく。