かいふう

近未来への展望や、如何に。

2007-02-15から1日間の記事一覧

道路交通法改正案の一部変更。

警察庁は15日、飲酒運転の罰則強化を目指して昨年12月にまとめた道路交通法改正案の一部変更を決めた。運転者に酒を提供した場合の罰則について、当初案は運転者と同じだったが、運転者よりも軽くする。改正案に対する意見公募などを検討した結果で、同…

高裁の懲戒請求、37年ぶり。

オウム真理教の松本智津夫死刑囚(51)の控訴審の弁護人を務めた弁護士2人について、東京高裁が「審理の迅速な進行を妨害した」として日本弁護士連合会(日弁連)に処分を求めていた問題で、日弁連は15日、処分しないとする決定をした。同高裁は日弁連…

ボクサーから、「警視庁警察官・職員採用説明会」。

プロボクシングのライセンス取得経験者を対象とする「警視庁警察官・職員採用説明会」が15日、東京・後楽園ホール展示会場で行われた。73人が受講し、業務内容や来年度の採用予定などの説明に、耳を傾けていた。受講者の中には「もう公務員試験の勉強を…

ある日系議員の浅薄な歴史観.その1

【ワシントン=五十嵐文】米下院に提出された、いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる決議案に関して、加藤良三駐米大使が米下院外交委員会アジア太平洋・地球環境小委員会のファレオマバエガ委員長に採択に反対する書簡を送ったことがわかった。日米関係筋が15…

宮崎県に新風を起こしてほしい。

宮崎県議会の2月定例会が15日開会し、東国原(ひがしこくばる)英夫知事(49)が所信を述べた。知事は、宮崎弁も交え「一刻も早く県政の再生を果たす」と強調し、官製談合事件で信用が失墜した県政の立て直しを訴えた。また、「前例踏襲や先入観に固執…

国内総生産(GDP)は8四半期連続のプラス成長。

内閣府が15日発表した国内総生産(GDP)速報によると、2006年10〜12月期のGDP(季節調整値)は、物価変動を除いた実質で7〜9月期に比べ1・2%増、年率換算で4・8%増となり、05年1〜3月期以来8四半期連続のプラス成長となった。…

政府の構想は自立支援策である。

政府の格差対策の基礎となる「成長力底上げ戦略」の基本構想が14日、明らかになった。フリーターの就職活動を助けるため、公的機関が職業訓練の受講歴などを記載した証明書を発行する「ジョブ・カード」制度の創設のほか、授産施設で働く障害者などを対象…