かいふう

近未来への展望や、如何に。

2007-07-20から1日間の記事一覧

東京電力、所内ドラム缶写真などを公表。

東京電力の柏崎刈羽原子力発電所は20日、放射性物質が含まれた水が廊下に漏れている様子や、低レベルの放射性物質を含むドラム缶が散乱した貯蔵庫など、地震直後の様子を写した写真を公表した。同発電所の運転などを担当する総括責任者である川俣晋(すす…

させられて、懲戒免職。それが警視庁。

ファイル交換ソフト「ウィニー」が入ったパソコンから、約1万件に上る警視庁の捜査情報などがインターネット上に流出した問題で、同庁は20日、このパソコンを所有していた北沢署の巡査長(26)を懲戒免職とし、私物のハードディスクに保管していた捜査…

海洋基本法、施行さる。

国の海洋政策を一元化するための海洋基本法が20日、施行された。これを受け、同法に基づいて内閣官房に設置された総合海洋政策本部の事務局が業務を始めた。冬柴海洋相は同日午前、東京・六本木に設けた事務局を訪れ、部屋の入り口に自らが書いた看板をか…

改憲論議は何処。

どの政党にも、参院選の公約で掲げた広範な政策の実現を通じて目指す国家像、社会像があるはずだ。それを体現するのが憲法であれば、憲法論戦は、最もスケールの大きな政策論争とも言える。それなのに、憲法をめぐる論戦が、あまり聞こえてこない。各政党、…

「トンネルじん肺訴訟」、原告全員が和解。

国発注のトンネル工事現場で働き、じん肺にかかった患者969人が国に1人あたり330万円の損害賠償を求めて全国11地裁に提訴した「トンネルじん肺訴訟」で、金沢地裁(倉田慎也裁判長)の北陸訴訟の118人と国との和解が20日、成立した。これで原…

「信濃の村上は云った『実兄でなくてよかった』・・・積むこと山の如し。保釈金加算」

ニッポン放送株を巡るインサイダー取引事件で、証券取引法違反の罪に問われ、東京地裁で19日に懲役2年の実刑判決を受けた村上ファンド元代表・村上世彰(よしあき)被告(47)は閉廷後、いったん東京地検に身柄を拘束されたが、保釈請求が同地裁に認め…