かいふう

近未来への展望や、如何に。

 『これにて、一件落着!』。バス乗り場にも夜桜吹雪が舞う、今日此の頃です。

国技館

公益財団法人日本相撲協会には、スもうひとつ、団体があって。外郭団体ではなくて。同業者、仲間内の年寄会。上意下達だけでなく、年寄総会からの意見具申、要望もあり。そんな中、理事会決定されたは、貴乃花親方の処遇。審判部で、年寄。降格はかなりといえども。審判部長が新理事の、貴乃花一門から出た阿武松親方(元関脇・益荒雄)ならば。再選された新八角(元横綱北勝海)理事長のみか判らぬが。配慮だと。しかし、評議員会、から危機管理委員会等。数あるは、そこが国技だと。

「ララのテーマ」(^^♪が浮かんだ。マンドリン♪の音楽力にも驚いた。

きっと、上記の、夜桜吹雪からでしょう。「冬来たりなば、春遠からじ。」
私もどうやら越冬終了。すでに昨冬、凍死しないで済んだ。梅干爺は、未だ花をば咲かせていない。クタバル訳にイカンのですよ。
劇映画「ドクトル・ジバゴ」。アラブ人でエジプト出身の俳優、オマー・シャリフが主演。医者で詩人の原作を、イタリアの名製作者が、名匠監督と組んで、よくも名優たち集めた。民間外交よろしく、ですね。
ロッド・スタイガーの悪役ぶりが記憶に残っている。