かいふう

近未来への展望や、如何に。

{国民投票法案}はどうなる.その1

kaihuuinternet2006-05-04

自民党の船田元・憲法調査会長は憲法記念日の3日、「新しい憲法をつくる国民会議」(会長=愛知和男・元防衛長官)などが東京・九段の千代田区公会堂で開いた「国民大会」で講演し、憲法改正の手続きを定める国民投票法案について、「今国会中の成立は時間的に厳しいかも知れない」とする見通しを示した。

また、党が昨年まとめた新憲法草案の修正に向けた課題として、集団的自衛権に関する規定などを挙げた。

公明党の神崎代表はJR横浜駅前で演説し、国民投票法案について、「できるだけ(与党と民主党の)3党で合意し、今国会で成立を期したい」と述べた。

民主党武正公一衆院議員は、東京・銀座の集会場で開かれた「21世紀の日本と憲法有識者懇談会(民間憲法臨調)主催のシンポジウムで、「国民投票(法案)では、与野党が歩み寄るため民主党も努力しなければならない」と語った。

一方、東京・日比谷公園日比谷公会堂での「5・3憲法集会」では、共産党の志位委員長が自民党の新憲法草案に関し、「憲法改定の狙いは海外で戦争できる国作りだ。9条改憲に向けた国民投票法案、戦争する国に忠誠を誓わせる教育基本法の改悪は阻止する」と訴えた。

社民党の福島党首も「(組織犯罪処罰法改正案の)共謀罪教育基本法改悪、国民投票法案は憲法理念に反しており、阻止する」と強調した。(読売新聞)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[憲法改正]の展望台に行き着くまでには、先ずこの「国民投票法」の山門をくぐらねばならぬ。朝刊見て、通過しました、未だしてません、でもいいのかも。
{3党合意}だそうです。
国民議員の皆様よ♪ 税金無駄に浪費せず♪ 国会空転させないで♪
さっさと通してくだしゃんせ♪
往きは悪いし 帰りは恐い♪
恐いながらも 拉致被害者帰させしゃんせー♪