かいふう

近未来への展望や、如何に。

『轍を踏むなよ』

kaihuuinternet2006-07-04

新日本製鉄は4日、自社株式を5日から9月22日までの間、東京証券取引所時間外取引で取得すると発表した。

発行済み株式総数の3・67%にあたる2億5000万株を上限とし、取得費用は1000億円にのぼる。新日鉄の自社株買いでは過去最大規模だ。

新日鉄は目的について「機動的な資本政策を行うため」としており、世界的な鉄鋼業界の再編が進む中で、取得した自社株を買収防衛や新たな資本・業務提携に活用する狙いもあると見られる。

新日鉄は6月末時点で約1億6000万株の自社株を保有し、上限まで取得すれば、発行済み株式に占める自社株保有比率は6・15%になる。

鉄鋼業界では、世界最大のミッタル・スチール(オランダ)と2位のアルセロールルクセンブルク)との合併が事実上、決まり、日本の鉄鋼大手も今後、世界的な再編の対象になるとの見方もある。

新日鉄保有する自社株は今後、〈1〉消却して1株あたりの価値を高める株主還元で、敵対的買収の抑止効果を狙う〈2〉友好的な提携先に譲渡するなど安定株主の確保〈3〉株式交換方式による企業買収――などに活用できる可能性がある。

新日鉄住友金属工業神戸製鋼所と資本・業務提携を結んでおり、敵対的買収に共同で防衛策をとることで今年3月に合意している。(2006年7月4日読売新聞)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
{時間外取引}って、「手前味噌」のことでしょ。