かいふう

近未来への展望や、如何に。

首相補佐官の守備範囲とは。

自民党の片山参院幹事長は30日のTBSテレビ番組で、安倍首相が首相官邸機能の強化を図っていることについて、「米国でも大統領補佐官と各省の対立はあるが、米国は大統領制だ。日本は議院内閣制で大臣に権力がある」と述べ、日本で米国のホワイトハウス型の政策立案を進めることには限界があるとの考えを示した。

そのうえで、「首相補佐官と大臣の関係を整理して、ここまでは大臣、ここからは補佐官としっかり仕分けをしないと二重行政になり混乱が起こる」と懸念を表明した。(2006年9月30日22時21分 読売新聞)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
来る参院選が視界に入って来たら、俄然この方の発言が取り沙汰されそうです。