かいふう

近未来への展望や、如何に。

新制度、スタート。

kaihuuinternet2006-10-01

医療、年金など国民生活に身近な社会保障分野の新制度が10月1日からスタートする。

医療分野では、現役並み所得がある70歳以上は窓口負担が2割から3割に上がる。

また、長期療養の療養病床で入院する70歳以上の患者は、食費や光熱費など居住にかかる費用が原則、自己負担になる。相部屋利用の場合、現在月額2万4000円(食材費に相当)が月額5万2000円となる。

ただ、難病や人工呼吸器が必要な患者は負担を据え置く。

少子化対策では、出産育児一時金が30万円から35万円にアップする。

一方、社会保険庁は来春スタートする離婚時の厚生年金分割制度により、離婚後の年金額を事前に試算するサービスを始める。対象は50歳以上で、社会保険事務所に年金手帳や戸籍謄本などを提出して申請する。(2006年10月1日0時16分 読売新聞)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
70歳以上の高齢者の方々、現在加入の保険、再度点検して、もしもの時に備えて、療養病床で入院する際のカバーを計算確保しておきなさいな、ということでしょう。
ちょっとやそっとで入院できないのであれば、在宅環境を快適にする工夫が要ります。