かいふう

近未来への展望や、如何に。

皇居と{ヒートアイランド}

環境省は来年度、ヒートアイランド現象対策の一環として、都心有数の緑地を持つ皇居から東京駅周辺までの間に“涼風の通り道”を整備し、一帯のオフィス街を冷やすモデル事業「クールタウン」に乗り出す。

皇居の冷気が、灼熱(しゃくねつ)のビル街をどこまで冷やせるか、注目される。

ヒートアイランド現象は、都市部の気温が周辺に比べ高くなる現象。同省の依頼を受けた首都大学東京の研究チームが8月の1か月間、皇居内6か所で気温を測定したところ、1日の平均気温は近隣のオフィス街(東京・虎ノ門)に比べ約2度低かった。

最低気温が25度以上ある熱帯夜も、周辺(21日)の半分以下。しかし、こうした皇居内の冷気は、周辺のビル街から立ち上る熱気に阻まれ、上空へ散逸している。

モデル事業は、同省と国土交通省、東京都が共同実施する。具体的には皇居から東京駅方向に向かう数本の幹線道路を“涼風の通り道”と位置づけ、通り道に面したビルの屋上や壁面の緑化、屋上散水などのほか、道路散水、街路樹などによる緑化を進める。協力企業を募り、経費の半額を国が補助する。

環境省では「皇居という大規模緑地を最大限に利用し、風の通り道なども計算することで、その涼しさをオフィス街全体に行き渡らせたい」と話している。(2006年10月12日読売新聞)