かいふう

近未来への展望や、如何に。

米国の人口が3億人。

【ニューヨーク=大塚隆一】米国勢調査局は17日午前7時46分(日本時間同日午後8時46分)、米国の人口が3億人に達したと発表した。

1915年に1億人を突破した米国の人口は52年後の67年に2億人に到達。その後、増加率はさらに高まり、39年後の今年、3億の大台に乗せた。

米国は先進国の中で唯一、人口が急増し続けている。同局によると、中南米出身の「ヒスパニック系」移民の流入などで増加のペースは今後も落ちず、37年後の2043年には4億人に達する見込み。20世紀を通して維持してきた、中国、インドに次ぐ人口第3位の地位は今世紀中も揺るぎそうにない。(2006年10月17日読売新聞)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あれっ、つい先日まで日本の約2倍、2億4000万人、だとおもっていたら、この数字。人口だものね。考えなければ。
それは同時に、この国が、如何に人々の憧れをかきたて夢を見させるか、それを自他ともに認めていることにもなる。