かいふう

近未来への展望や、如何に。

短波ラジオ国際放送で、NHK理事回答。

総務相がNHKに対し、北朝鮮拉致問題短波ラジオ国際放送で取り上げるよう命令する考えを示していることについて、NHKの石村英二郎理事(報道担当)は18日の記者会見で、「公共放送の当然の責務として、既にきめ細かく報道している」と述べた。

NHKによると、短波ラジオ国際放送では、今年1月から9月まで、北朝鮮関連のニュースなどを約2000本放送。このうち約700本が拉致関連だった。

放送法には「命令放送」の規定があり、総務相はNHKに重要政策などの放送を命令できる。石村理事は「仕組みでは命令放送だが、短波ラジオ国際放送は独自の編集で長い間、(NHKの)国際放送として一体の形でやってきた。重要な問題については、きちんと自主的に報道している」と強調した。(2006年10月18日読売新聞)