かいふう

近未来への展望や、如何に。

横須賀強盗殺人事件。

神奈川県横須賀市で1月、パート社員佐藤好重さん(当時56歳)が米空母「キティホーク」乗組員に殺された強盗殺人事件を巡り、遺族らが20日、日本政府と乗組員に慰謝料など計約2億500万円の損害賠償を求める訴えを横浜地裁に起こした。

訴えによると、元1等航空兵ウィリアム・リース服役囚(22)(無期懲役が確定)は1月3日朝、酒に酔って基地へ帰る途中に佐藤さんを殺害、現金1万5000円を奪った。

当時は飲酒した米兵の暴行事件などが相次いでおり、遺族側は「米軍は米兵を監督する公務上の責任があった」としている。日米地位協定に基づく民事特別法は、米軍の違法行為による損害を日本政府が賠償すると定めており、同法に基づき日本政府を訴えた。

防衛施設庁は「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。(2006年10月20日読売新聞)