かいふう

近未来への展望や、如何に。

ある継続される闘い。

薬害エイズの被害者で松本大非常勤講師の川田龍平氏(30)が、今夏の参院選に東京選挙区(改選数5)から無所属で出馬する意向を固めた。

今月12日に都内で後援会の発足集会を開く。

川田氏は東京HIV訴訟の原告として実名を公表、国や製薬会社の責任を追及してきた。2003年4月から同大の教壇に立つ一方、全国で講演活動を続けている。

母悦子さん(57)は00年10月に衆院東京21区の補欠選挙に無所属で出馬して当選したが、03年11月に落選した。川田氏は、悦子さんの衆院議員時代に秘書を務めた。(2007年1月5日読売新聞)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
医療に疎遠な者で、しかもかくも重大な問題は、とても自分には手に出せないもので、それでも今回被害者本人が出馬の決意を表明されたのは、無視出来ません。