かいふう

近未来への展望や、如何に。

即席めん発明者、逝く。

即席めんを発明し、世界の食文化に大きな影響を与えた日清食品の創業者で元社長の安藤百福氏(あんどう・ももふく=日本即席食品工業協会会長)が5日午後6時40分、急性心筋梗塞(こうそく)で死去した。96歳だった。

告別式は近親者のみで行う。喪主は妻、仁子(まさこ)さん。社葬の日程は未定。

安藤氏は4日午前の仕事始めであいさつした後、高熱を出し自宅で静養。5日午後、救急車で大阪府池田市内の病院に運ばれたが、すでに心肺停止状態だったという。

安藤氏は台湾生まれ。戦後の食糧難時代の1948年、日清食品の前身となる中交総社を設立し、社長に就任。58年に自宅の実験施設で、熱湯をかけるだけで食べられる世界初の即席めんの開発に成功した。「日清のチキンラーメン」は、大ヒット商品となった。

71年にはやはり自ら発案した初の即席カップめん「カップヌードル」を発売。世界各地に積極的に輸出し、即席めんを国際的な商品に育てた。81年に日清食品の会長となり、2005年、取締役を退いて名誉職の「創業者会長」に就いていた。

自宅近くに「インスタントラーメン発明記念館」を開設したり、05年に米宇宙船スペースシャトルに積載された宇宙食ラーメンの開発を指示するなど、最後まで即席めんの普及に情熱を傾けた。83年には私財を投じて小学生陸上や少年野球などを支援した。02年、勲二等旭日重光章を受けた。(2007年1月6日読売新聞)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
安藤百福氏は、台湾生まれ、ということで、この日に載せました。
「日清のチキンラーメン」も「カップヌードル」もよく食べました。
桂小金冶師匠の司会する、TV世界旅行クイズ番組もよく視ました。
この時のレギュラーに若手の歌手が出てて、彼女の歌った「赤いアンブレラ」♪の譜面入りハガキを返信で受け取り、当時新築の家にその表札を偶然見つけ、いいギャラなんだと記憶してました。ビリー・バンバンの「白いブランコ」♪と同年代だったような。
最近では、明星食品との合併。やり遂げた、という気持ちでしょう。
勿論、これからも「カップヌードル」も「明星チャルメラ」も食べますから。
慎んで哀悼の意を添えます。『大将、美味しかったです』