かいふう

近未来への展望や、如何に。

自賠責保険、契約者負担額アップ。

kaihuuinternet2007-01-18

自動車損害賠償責任保険審議会(金融庁長官の諮問機関)は17日、自動車損害賠償責任保険自賠責)の保険料を据え置く一方、契約者の負担額引き上げを決めた。4月から適用する。

交通事故の発生状況などから算定する保険の基準料率は、算出根拠に大きな変化がないため据え置いた。一般的な2年契約の自家用車だと(沖縄・離島除く)3万1730円だ。

しかし、自賠責保険特別会計に対する国の交付金が1契約あたり1050円から900円に150円減額されるため、契約者負担額を現行の3万680円から3万830円に150円引き上げる。

自賠責は、自動車所有者が法律で加入を義務付けられている政府の保険制度。契約者保険料を原資に国の特別会計で運用している。特別会計への国の交付金は段階的に削減されており、契約者負担額の引き上げは3年連続。2007年度の交付金は376億円で、08年度から廃止される。(2007年1月17日読売新聞)