かいふう

近未来への展望や、如何に。

日露戦略対話始まる。

kaihuuinternet2007-01-23

【モスクワ=瀬口利一】日露両国の外務次官による第1回戦略対話が23日、2日間の日程でロシア外務省別館で始まった。

領土問題を含む二国間問題や北朝鮮の核開発、エネルギー安全保障などの多国間問題までを幅広く話し合う。

日本側は停滞する北方領土返還交渉に活路を見いだす場と位置づけているが、露側は冒頭から領土問題を議題からはずす意向を示しており、双方の思惑の隔たりは大きい。

協議には、日本から谷内正太郎外務次官、ロシアからアンドレイ・デニソフ第1外務次官らが出席した。冒頭、デニソフ次官が「日露間の交渉、協議に新たな1ページを開く。日本との協力関係を築く作業を継続、加速したい」と対話の意義を説明。谷内次官も「どう問題を解決すればいいか真剣に議論を交わしていきたい」と応じた。谷内次官はこれに先立ち、ロシア外務省本館でラブロフ外相と会談した。

戦略対話は2006年11月の日露外相会談で設置が決まった。(2007年1月23日読売新聞)