かいふう

近未来への展望や、如何に。

 K嬢に捧ぐ

    きみがさくら、ぼくもサクラ ♪   詞曲:ピーマン

1.花びら舞い込む机から 素知らぬ振りして窓の外
  それでも匂うきみの香が
  ぼくの呼吸(いき)を追いつめて
  時は空しく過ぎて きみはもう還らない ♪
  時は空しく過ぎて きみはもう還らない ♪

2.校舎のスロープ靴音が だんだん離れるキャンパスで
  コートは風と足速に 
  影だけ残して月明かり
  影を踏めばよかった バス停までも追いかけて ♪
  時は空しく過ぎて きみはもう帰らない ♪

3.朝露零れる葉影から 雌鹿が遠くで啼いたのか
  きみが倒れし比叡山
  ぼくは呼吸(いき)を止めたまま
  時は空しく過ぎて きみはもう返せない ♪
  時よ空しく過ぎて きみはもう返せない ♪

4.雑踏逃れて湯煙を 石山巡って老神へ
  闇を走って赤城山
  残る面影母盲女
  時は空しく過ぎて きみをもう映せない ♪
  時は空しく過ぎて きみをもう映せない ♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
事件は、高野山も、比叡山も、まだ世界遺産になる前の時だ。
仏師を目指す若い学生が、ひとり比叡山へ向かった。
そして、その山麓で野宿するホームレスに襲われ、死んだ。
記事を読んで、何故彼女は比叡山を選んだのだろう、とおもった。
加害者に同じ質問をぶつけても、詮無いこと故。
被害者側のそれを調べるしかない。そこ以外を選べば、事件はなかったはずだ。
老神を目指したのは、自分の意識であり、決断である。
クリスチャン故、老いても神、なのである。地図には、石山神社という弘法大師所縁の地があり、それも寄って、山越えした。
だから、それ以前に、彼女の事件を知っていて、高野山空海さん、それ所縁の石山、という理由付けができる。彼女の死の比叡山系列を、意識して避けたのである。
もう、比叡山にはおそらく行かない。
彼女も、自分が教室から見た桜が舞い散るを、おそらく見たはずだ。
接点があるとすれば、それだけだ。

                                                                                                          • -

近頃、「匂う」が、常用漢字に加えられる、そんな紙面を読んだので、変更。すると、「追いつめて」になった。
西国霊場紫式部所縁の石山寺。それを重ねてもいいな。

                                                                                                • -

2011、追補。chi-chan-desu作「さくら」