かいふう

近未来への展望や、如何に。

『上水でどうして下痢しなきゃいけないんだ』

広島大は3日、東広島キャンパス(広島県東広島市)の西体育館などで、研究施設からの洗浄排水を再利用した「中水」を飲用水として提供していた、と発表した。

体育館が建設された14年前に「中水」と飲用の「上水」の配管を誤って逆に接続していた。7月に学生らが下痢などを訴えたために発覚した。同大学は対策チームを設置、健康被害などを調査している。中水は、実験器具を洗浄した水で、通常は活性炭や塩素で消毒後、トイレの洗浄などに利用される。

大学や県によると、工事業者が、本管から分岐する際、上水を中水用、中水を上水用の配管に誤って接続。体育館内の冷水器や、グラウンドの水道水が「中水」になっていた。

7月13〜24日、西体育館を利用した大学生30人が下痢などを発症、28、29日に西グランドでのサッカー大会に参加した高校生約50人も同様の症状を訴えた。

大学側が水質検査を業者に依頼したところ、冷水器の水から大腸菌を検出。県などが同31日、立ち入り検査し、誤接続が判明した。(読売)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こういうの、過失って云うんでしょ。故意じゃ、たまったもんじゃない。しかし、14年前からだなんて、当時の学生さんも数十人単位で、気付いた人たち居たんではないか。学生身分じゃ、ミネラルウォーター飲まないから、味も比較出来ないのかな。
ここはひとつ、被害者諸君に、誤接続した業者から、暑中御見舞いで、「上々水」のミネラルウォーター、ひとり頭ワンケース6本詰め、と行きたいね。勿論、法的費用は別でっせ。