かいふう

近未来への展望や、如何に。

石垣島などでサンゴ死滅する白化(はっか)現象。

日本最大のサンゴ礁が広がる沖縄・石垣島などで、サンゴが白くなって死滅する白化(はっか)現象が4年ぶりに確認された。

7月の海水温が高かったためとみられる。8月も高い水温が続けば、石垣島周辺で4割のサンゴが死滅した1998年の被害を超える過去最悪の事態になるとの懸念もあり、環境省が実態把握に乗り出した。

環境省や専門家の情報によると、白化が確認されたのは、石垣島の全域と沖縄本島に近い瀬底(せそこ)島など。石垣島サンゴ礁のツアーを企画する大堀健司さん(40)は7月30日、北部の米原(よねはら)海岸で、沖合まで広がるサンゴ礁のほとんどが真っ白に変わっているのを確認した。すでに一部が死滅して藻が付き、魚やナマコの死骸(しがい)もあった。

白化は海水温が30度を超える日が続くと起きるとされ、沖縄ではこれまで98年と2001年、03年の3回あった。過去3回はいずれも9月に確認されており、今回は白化の始まる時期がこれまでよりも早い。

東京海洋大の岡本峰雄准教授によると、石垣島では今年6〜7月に1日の平均気温が30度を超えた日が、観測史上最高の32日間に上った。岡本准教授は「このまま暑さが続くと半分以上のサンゴが死滅するだろう」と危機感を募らせている。

石垣島では、環境省や研究者らがサンゴの増殖活動に取り組んだほか、03年以降は白化が起きなかったこともあり、サンゴは回復傾向にあった。(読売)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「白いサンゴ礁」♪というポップスがあったんだがな。それは、白い波に洗われる様を歌ったんだな。