かいふう

近未来への展望や、如何に。

勇み足でマスコミに土。

福岡市で2003年に起きた一家4人殺害事件を巡り、「週刊文春」の記事で犯人扱いされ、名誉を傷つけられたとして、被害者の実兄夫婦が、発行元の文芸春秋などに2000万円の賠償を求めた訴訟の控訴審判決が6日、東京高裁であった。

一宮なほみ裁判長は「取材は不十分で、記事の内容を真実と信じる相当な理由があるとはいえない」と述べ、1100万円の賠償を命じた1審・東京地裁判決を支持し、原告、被告双方の控訴を棄却した。

判決によると、問題になったのは、03年7〜10月にかけて6回にわたって掲載された記事。金銭トラブルから、実兄が中国人グループに殺害を依頼していたかのように報じた。

原告側は、判決の結論を誌上に掲載することも求めたが、判決は、「真犯人が有罪判決を受け、原告の嫌疑は払しょくされている」などとして、退けた。(読売)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この事件も恐ろしかった。一家4人殺害事件では、東京世田谷の事件が先だったとおもうが、それもあってか、各記者さんも出し抜いての特ダネで血走ったのか。真相は、中国人留学生らの通り魔的犯行、であったと記憶する。
しかし、被害者たちを子どもごと運河かに沈めてしまうのだから、残虐非道だ。改めて御冥福をお祈りするとともに、未解決の方も忘れずにいたい。
この時ばかりは、自分に漢詩の餞別の半紙を残していった彼と、比較して、ピンからキリまで居るんだ、とおもった。否、否。キリからも外れたんだ。