かいふう

近未来への展望や、如何に。

多治見市と熊谷市で、観測史上最高の40・9度。

勢力の強い太平洋高気圧に覆われた東日本から西日本は、16日も各地で気温が上がり、岐阜県多治見市で午後2時20分、埼玉県熊谷市で午後2時42分に、観測史上最高の40・9度を記録した。

1933年7月に山形市で観測した40・8度を74年ぶりに更新した。また、全国924地点のうち、25地点で観測史上最高気温を更新した。

今後は北日本にかかっている前線が南下し、太平洋高気圧の勢力は弱まっていくと見られ、気象庁は18日以降、厳しい暑さは和らぎ、平年並みの暑さに戻ると予想している。

気象庁によると、16日は多治見市、熊谷市のほか、埼玉県越谷市(40・4度)、群馬県館林市(40・3度)、岐阜県美濃市(40・0度)で40度以上を観測。館林市は15日に続き2日連続で40度以上だった。

この暑さで各地で熱中症が相次ぎ、読売新聞の調べでは、埼玉県で6人、東京都と群馬県で各2人、京都府秋田県で各1人の計12人が死亡。全国で900人以上が病院に搬送された。

暑さの原因は、今月上旬から日本付近に停滞している太平洋高気圧の勢力が15、16日にピークを迎えたためと見られる。太平洋では今年6月ごろから、日本に猛暑をもたらすとされるラニーニャ現象が発生し、今月に入ってからの記録的な猛暑に影響を与えている。

気象庁は、観測史上の最高気温を観測した熊谷市では、秩父山系を越える北西の風が吹き、フェーン現象が発生したため、気温が上がったと見ている。多治見市で気温が上がったのは、「高気圧の中心付近が多治見市の上空にあったため」と分析している。(読売)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ほんとうに、『天変地異』をひしひしと感じます。怖いです。