かいふう

近未来への展望や、如何に。

FRBが公定歩合を0・5%引き下げ。

【ニューヨーク=山本正実】米連邦準備制度理事会FRB)は17日午前、臨時の連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、中央銀行が金融機関に資金を貸しつける際の基準金利である公定歩合を現在の年6・25%から0・5%引き下げ、5・75%とする緊急利下げを決めた。

サブプライム問題を契機とした世界的な金融市場の混乱に対応するためで、市場が安定するまでの暫定的な措置としている。短期金利の誘導目標であるフェデラル・ファンド(FF)金利は、5・25%に据え置いた。

FRBは声明で「金融市場の混乱による経済への影響を和らげるため、必要な措置を取る用意がある」と表明し、追加措置を講じる可能性を示唆した。(読売)