かいふう

近未来への展望や、如何に。

血税のユニホーム脱がされて、なお執行猶予け。

談合防止を目指した奈良市の郵便入札制度の導入について、担当職員をどう喝して延期させたとして、職務強要罪に問われた元市職員の中川昌史被告(43)(懲戒免職)の判決が17日、奈良地裁であった。

石川恭司裁判長は「市職員でありながら、部落解放同盟支部長の立場を使って談合で得られる利益を守ろうとし、暴力で市の方針をゆがめようとした行為は非難されるべき」として懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)を言い渡した。

判決によると、中川被告は、郵便入札制度導入で、地元の建設業者での談合が困難になると考え、部落解放同盟県連合会支部長などを務めていた昨年8月に計3回、奈良市役所を訪問。市総務部長や監理課長に、「郵便入札制度はあかんやろ。やめとかんかい」などと大声を出して机をけるなどし、市と部落解放同盟支部協議会が話し合う「セクション別交渉」で「郵便入札制度について取り上げなあかん」などと迫り、10月から計画していた郵便入札制度の導入を延期させた。(読売)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
国民の、あるいは住民の血税を吸い取るドラキュラなんぞ、ニンニク餃子食っても食わなくとも、退治してやる、とおもうのは、国民の総意でしょう。
「新まんが日本昔話 平成編」のネタになりますよ。ふと、金太郎か桃太郎か、どのコスプレでいこうか、考えてしまったほど。骸骨オトコしか薦めてもらえんけど。