かいふう

近未来への展望や、如何に。

東電、最大電力需要が今年の最高を更新。

kaihuuinternet2007-08-21

21日の関東地方は埼玉県熊谷市で最高気温36・7度、東京・大手町で34・2度を記録するなど猛暑が続き、東京電力の管内では冷房などの電気使用量が急増した。

最大電力需要は午後3時に6013万キロ・ワットを記録、今月10日の5951万キロ・ワットを上回り、今年の最高を更新した。

新潟県中越沖地震柏崎刈羽原子力発電所が運転停止した影響で、電力不足の懸念が高まっている東電は、本店(東京・内幸町)で節電を徹底している。21日も電力需要が増える午後に節電するため、昼休みを通常より30分遅らせ、午後0時半から1時間、オフィスの照明を消した。

薄暗い室内にはパソコン画面の明るさだけが浮かび上がる。東電環境部の伊藤友宣(ともひさ)さん(36)は「お客様に節電をお願いしている以上、我々も取り組まないと」と節電への意気込みを語っていた。(読売)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
某TV局の天気予報番組で、「夏日」、「真夏日」、「猛暑日」、がすでにあって、40゜C以上の呼び名がまだない。
ついては、40゜C以上の日の呼称を、炎天下の街頭インタビューで通行人に聞いてましたが、最も多かったのは「酷暑日」。
これ、自分の最初に連想したのと、同じでした。なんか、気分いいね。
しかし、高齢者の夫婦でクーラー無しで、冷蔵庫の冷たい水補給無しで、熱中症の危険を感じ取れるか、家族は気を使ってほしい。