かいふう

近未来への展望や、如何に。

生活保護費の不正受給、だと。

2006年度の生活保護費の不正受給額は前年度を約18億円上回る89億7618万円だったことが厚生労働省のまとめでわかった。

不正件数も前年度より2134件増の1万4669件で、いずれも過去最高となった。

06年度の全国の生活保護世帯数(月平均)は約107万世帯で、単純計算で、約1%の世帯で不正受給があったことになる。

不正受給の1件当たりの平均額は61万2000円。不正発覚に伴い、生活保護の停止や廃止などの措置が取られたのは、3679件だった。また、詐欺罪での刑事告発に至ったケースは、13件だった。

不正受給の内訳は、働いて得た収入を申告しないケースが53・8%と、半数以上を占めた。次いで、年金収入などの無申告が16・1%、働いて得た収入の過少申告が9・8%などだった。(読売)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
近辺にいなくはないにしても、それでも不正は不正、ですから。
生活保護受けるなら真っ当に、ですよね。