かいふう

近未来への展望や、如何に。

加古川市少女殺害事件。

16日午後6時5分ごろ、兵庫県加古川市別府(べふ)町新野辺(しのべ)、水間(みま)一さん宅の玄関前の石段で、市立別府小2年、鵜瀬柚希(うのせ・ゆずき)ちゃん(7)がうずくまって倒れているのを家族が見つけ、119番通報した。

市消防本部の救急隊員が駆けつけたところ、柚希ちゃんは腹などに刃物で刺されたような傷があり、県立こども病院(神戸市須磨区)に搬送されたが、約1時間40分後に死亡が確認された。現場から何者かが立ち去ったという情報もあり、県警捜査1課は加古川署に捜査本部を設置、殺人容疑で捜査している。

調べによると、柚希ちゃんは左胸と腹の計2か所に、かなり深く刺された傷があり、病院に搬送される時には、ほとんど意識がなかったという。現場に刃物などは発見されていないという。

近所の人の話によると、柚希ちゃんは水間さんの孫にあたり、母親の江梨香さん(27)や姉妹とともに、水間さん方で生活していた。両親は離婚していたという。

近所の主婦の話によると、外から自転車で帰ってきた柚希ちゃんに、家族が「自転車を家の裏に回しておいて」と声をかけたすぐ後に柚希ちゃんの悲鳴が聞こえたといい、襲われたのは帰宅した直後だったらしい。

加古川市教育委員会の石坂文昭・教育指導部長(56)によると、市消防本部から「子どもが刺され、病院に運ばれた」と市教委に連絡が入り、職員2人を同小に派遣して情報収集している。

現場は、山陽電鉄別府駅西約1キロの住宅街の一角。(読売)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
被害者搬送先は、神戸市須磨区ということで、あの阪神・淡路大震災当時の須磨市役所にたどり着いたのを、思い出した。
たしか、土師淳君殺害事件の現場もさほど遠くない。この事件には、犯人の身辺で、祖母を亡くし、その数年前の大震災が加害者の心理状態を不安にさせた要因、と勝手な素人推理をしたが、本日の事件は、それとはおもえない。
こういう時は、はやく逮捕されるよう祈るばかりだ。

                                                                                                                                    • -

木下恵介監督「衝動殺人 息子よ」では、病院のベッドで、見舞いに来た父親に、
『父さん、仇をとってくれ』と吐いて、被害者は死す。この映画は事件を題材にしてるから、その息子さんの最期の伝言も、おそらく同じものであったろう。
それを想起するなら、本日の事件の被害者は、わずか7歳。
『大人の、男』という絶句で残したは、捜査陣に的を絞る情報として、重要である。どうしても、迅速に犯人逮捕に結びつけてもらいたい。瀕死の7歳の少女がよく言った、と。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
川柳作家の麻生路郎(じろう)に、「湯ざめするまでお前と話そ夢に来(こ)よ」という一句がある。亡くなった小学生の長男に語りかけた1周忌の作という◆病床で静かに命を終えた子にも、残された親が「お前と話そ」と言えるようになるには1年という時間がかかる。胸と腹を刺されて死んだわが子に夢のなかで逢(あ)い、何を話せるだろう。抱きしめて、泣くばかりに違いない◆兵庫県加古川市の小学2年、鵜瀬柚希(うのせ・ゆずき)ちゃん(7)が自宅の玄関前で何者かに刃物で刺された。救急車のなかで意識を失う前、犯人が「大人の男」であることを救急隊員に告げている◆同じ7歳、2年前に吉田有希ちゃんが刺殺された栃木県の事件も解決していない。一刻も早い犯人逮捕こそが同種の凶行を許さない手始めであり、たった7年で人生を断ち切られた幼き者の無念を少しでも晴らす道である◆有希ちゃんのご両親が四十九日の法要を終えて公表した談話のなかに、犯人に向けた言葉があったのを覚えている。娘は天国に行っても、空のかなたから昼も夜も犯人を見続けている。「忘れないでほしい」と◆柚希ちゃんも空の上から犯人を見つめているだろう。お母さんが見るだろう悲しい夢の中で、思い出したくはないだろうけれど救急隊員のおじさんに言いかけた続きを、そっとお話ししてごらん。柚希ちゃん。(10月19日読売・編集手帳
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
TVシリーズミステリーゾーン」は、少年当時、モノクロ画面テレビで、「ヒッチコック劇場」と双璧をなす、肝試し外国映画の作品でした。「ミステリーゾーン」の方が、科学的オカルト風というか、怪奇現象を実証的に、細面の司会者もイメージにマッチしてましたね。この仏監督作品が米での、観た記憶は失せてます。
寺山修司さん、何故か彼が挙式した教会だけは記憶しています。
そして、記憶している、その意味も、「ミステリーゾーン」的に感じています。
ちょっと逸れますが、彼の故郷、恐山のイタコですか、巫女さんですね。あるTV番組で、この世で少年や少女で、不運にも伴侶を得ずに亡くなった彼らを、その老イタコが、訪ねて来た遺族と思しき人から依頼されて、彼ら二人を霊界で夫婦になる儀式をかって出て、縁結びしてやるんです。ちょっと吃驚しました。男女の仲、世俗的にも相性があるでしょうに。それをお構いなくというか、本人たちの同意もなく、この世で、勝手に取り持って、いいんでしょうかね、と。しかし、してやらねば、彼ら少年や少女らは、この世でも極若くひとりで死に、あの世でもこれから先、ずーっとひとりは、余りに寂しい。霊界には、相性などという、ヒフティ・ヒフティはすでになく、やはり、この世の生者に伴侶を供えてもらう。その事が彼らにも安心、慰霊となるのでしょうね。