かいふう

近未来への展望や、如何に。

参院予算委員会での民主党関連質問、から。

福田首相は16日午前の参院予算委員会で、参院与野党が逆転した状況下での国会審議のあり方について、「(与野党が)お互いの欠陥をあげつらうのでなく、建設的な方向で議論が行われることが大事だ。こういう状況が長く続くかもしれないと考えると、何を目指してやっていくのかということをお互いに考えたい」と述べた。

民主党参院を中心に提出している独自法案については、「全般的に良いところは取り上げていきたい」と柔軟に対応する考えを強調した。

石破防衛相は、インド洋で海上自衛隊が2003年2月25日、米国の補給艦とイージス艦に補給した油の量を取り違え、防衛省が訂正した問題で、「どうしてミスが起こったか徹底的に検証している。新テロ対策特別措置法の審議が始まるまでにきちんとした解明ができないか作業を行わせており、準備が整い次第明らかにする」との方針を示した。

給油量の訂正が、民間団体が指摘するまで行われなかったことについては、「内輪でかばいあうことがあり、あずかり知らないところで操作がなされたのであれば言語道断だ」と述べ、内部体制の見直しをはかる考えを強調した。

高村外相は、海上自衛隊から給油を受けた他国艦船などによる約1万1000回の不審船などへの検査について、武器や麻薬の発見など具体的成果を公表できるものが9件あることを明らかにした。その上で、「1件1件確認していないが、適法にやっている」と述べた。

福山哲郎氏(民主)の質問に答えた。(読売)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前日の民主党桜井充議員の代表質問はTVで視聴していた。前無給医局員にして、であるから、昨今の医療体制の不備を突くには、もってこいの人選であったろう。
表をTVカメラに向けて、ここ数年の小児科医と産婦人科医などの医師数の増減を指摘しての、熱弁であった。小児科医はやや増加傾向、でも足りないのは医師側の待遇不満。しかし、産婦人科医ははっきり減少がよくわかる。母親になれない自分でも不安を覚えるのだから、母親になる女の人はどう感ずるか。
さて本日は、その議員を脇に座らせての、関連質問ということで、石井一議員が、福田首相に問い質した。30年前のダッカ事件を持ち出して、当時自民党議員として、人質奪還に命を賭して現地へ赴き、当時の福田首相の下歴史的事件を収拾した経緯、その話から拉致事件の現状に重ねたのである。
そういえば、元自民党から鞍換えは、数いるな。それも、与野党逆転参院、見応えありました。野党の追求が厳しければ、それが拉致被害者解放に早くつながれば、国民には与野党の区別などどうでもいいのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■有本明弘さんが手記を発表
 家族会結成の10年も前から、恵子さんを救出すべく孤独の運動を続けてきた有本明弘・嘉代子夫妻の戦いの日々をつづった手記が有本明弘さんにより月刊誌「正論」11月号(現在発売中)で発表された。
 有本明弘・嘉代子さんは、日朝国交正常化・拉致問題棚上げをめざす与野党の政治家や外務省に裏切られ、頼みの報道関係からも協力が得られず、悔しい思いが続いた。過去の「売国外交、売国報道」を批判した命がけの叫びがここにある。

ご関心の方はご一読ください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
福田首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 福田康夫殿

救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会救う会
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

参考
月刊「正論」ななめ読み 11月号
歴史が語る「救国」宰相の条件
<異色対談>
「戦後体制」からの脱却なくして日本の繁栄なし …日下公人櫻井よしこ
「誇りの持てる国」は東京裁判史観の呪縛を解いてこそ…渡部昇一
 民のために「官の支配」にトドメを刺せ…屋山太郎
 世界はみんな腹黒いー「主張する外交」は国の盾である…高山正之
 テロ特措法論議は対米協力問題ではない…北村 淳
 パール判事は「憲法9条」を「ガンジー主義」と言ったのか…小林よしのり
 安倍晋三は何に敗れたのかー総理辞任の「深層」…花岡信昭
…………………………………
 金正日は初期認知症に侵されている…李 英和
 再生なるか、保守主義運動の近未来…三好 達
 「戦争=悲惨」という図式の貧困…大月隆寛
 誤りだらけの『プリンセス・マサコ』 …神田秀一
 中国文明の再胎動と周辺国の動揺…宮崎正弘
  拉致隠蔽に群がった政・官・マスコミの根本的不信…有本明弘/西岡 力