かいふう

近未来への展望や、如何に。

日本が鳥インフルエンザなどの対策に拠出。

政府は6日、インド・ニューデリーで開かれた「新型インフルエンザに関する閣僚級会合」で、鳥インフルエンザなどの対策に、新たに約6900万ドル(約80億円)の資金を拠出すると表明した。

資金は、<1>治療薬「タミフル」などの備蓄<2>途上国の医療関係者らの日本での研修<3>国際機関を通じた防疫対策の強化――などにあてられる。

国際的な新型インフルエンザ対策に関する日本の支援額は、2006年以降、計約3億ドル(約348億円)にのぼり、米国、欧州委員会に次ぎ世界で3番目の規模となっている。(読売)