かいふう

近未来への展望や、如何に。

佐世保市散弾銃乱射殺人事件、容疑者は自殺。『また無理心中か』

kaihuuinternet2007-12-15

長崎県佐世保市名切町のスポーツクラブ「ルネサンス佐世保」で14日夜に起きた散弾銃乱射事件で、県警佐世保署の捜査本部は、散弾銃など4丁の所持許可を受け、事件後、姿をくらました同市船越町、無職馬込政義容疑者(37)の犯行と特定し、行方を追っていたところ、15日午前7時35分ごろ、馬込容疑者が自宅近くのカトリック船越教会敷地内で死んでいるのを見つけた。

遺体のそばに散弾銃1丁が落ちており、県警は、自殺を図ったとみて、犯行の動機の解明を急ぐとともに、殺人容疑などで容疑者死亡のまま書類送検する方針。

調べによると、馬込容疑者は県公安委員会から散弾銃3丁と空気銃1丁所持の許可を受けていたため、捜査員らが同容疑者宅を訪れたが、所在不明だったことから捜索。15日午前1時ごろ、乱射事件があった同クラブから南西約4キロにある同教会前路上に馬込容疑者の車が止まっており、車内から散弾銃2丁と空気銃1丁、迷彩服などを発見した。馬込容疑者はこの教会の信者で、建物の外で迷彩服を着て、頭から血を流して倒れていた。午前5時44分ごろ、教会の方向から1発の発砲音が聞こえており、この時に自殺を図ったとみられる。

ルネサンス本社によると、馬込容疑者は今年6月21日、同クラブの正会員となった。週3〜4回のペースで利用し、事件当日の午後1時49分にも入館記録があったという。

死亡した藤本さんの知人によると、馬込容疑者と藤本さんは中学時代の同級生で、頻繁に藤本さん宅で食事をする仲だった。馬込容疑者は事件当日の14日、「タダ券があるから、ルネサンスに来ないか」と藤本さんを誘い出したという。藤本さんには無数の散弾が撃ち込まれており、県警は、2人の間でトラブルがなかったか捜査している。(読売)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まい先生、さようなら――。凶弾の犠牲になった水泳インストラクター倉本舞衣さん(26)の通夜は15日午後7時から、長崎県佐世保市早岐の斎場で営まれた。

面倒見が良くスポーツクラブの子供たちから「まい先生」と慕われていた倉本さん。涙を流しながら斎場に入る若い女性の姿も見られ、多くの関係者が突然の別れを惜しんだ。

参列者によると、ひつぎの中の倉本さんは穏やかな表情で、父、潤一さんらは涙を流しながらも気丈に振る舞っていた。「兄の結婚式でブーケを受けとり、『次は(私が)孫を見せたい』と言っていたのに……」というエピソードが披露されると、場内からすすり泣きが漏れたという。

倉本さんが勤務していたルネサンスの斎藤敏一社長は「倉本さんは子どもたちを誘導し、身代わりになった。子どもたちに代わって感謝したい」と述べた。

小5の息子が指導を受けていた主婦は「人気があり、笑顔がすてきなコーチだった。子どもがもう指導を受けられないのは残念です」と肩を落とし、中学時代の先輩の女性(27)は「すごく慕ってくれていた。いなくなったような気がしません」と涙をこらえながら話した。

一方、ルネサンス佐世保の玄関前に設けられた献花台には終日、花束を供える人たちが絶えなかった。

小学4年から3年間、倉本さんの指導を受けたという同市の中学3年、佐生(さそう)悠香(はるか)さん(14)は花束を置いた後、「先生の笑顔が一番、好きだった。天国でもいつも笑顔でいて」と語りかけた。

悩んだ時には「これを乗り切れば成長できる」と励まされたといい、「もう先生の笑顔を見られない。困難なことがあっても、自分の力で乗り越えて見せます」と話していた。

倉本さんから水泳を習った市内の主婦(57)は「根気よく教えてくれる熱心で親切な先生だった。きれいでにこやかで、大人からは『まいちゃん』と親しみを込めて呼ばれ、みんなのアイドルだったのに」と語った。(読売)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
乱射事件で、凶弾を受けて亡くなった漁業藤本勇司さん(36)(佐世保市鹿子前(かしまえ)町)の通夜と、スポーツクラブ従業員倉本舞衣さん(26)(同市権常寺町)の告別式が16日、佐世保市内で営まれた。

藤本さんの通夜は午後6時から行われ、大勢の参列者が詰めかけた。参列者によると、式では友人が「同窓会での君の席は残しておくよ。一生忘れない」と遺影に語りかけたという。

一方、倉本さんの告別式は午後1時から行われ、参列者によると、父親の潤一さんは「舞衣のことをかわいそうだとか、残念だとか思わないでください。大事な子どもたちをかばって逝ったのだから、楽しく送ってやってください」と声を震わせながらあいさつしたという。

事件発生の約1時間前に指導を受けたという小学5年生の女児(10)は、「平泳ぎやバタフライなど優しく教えてくれました。先生のことが好きでした」と涙ぐんでいた。(読売)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
種々の形を採ろうと、吸い込まれていく先は、『また無理心中か』。
ひとりで死ねないから、その孤独に耐えられないから。それ以上考えるのも嫌だ。
終わりが、洗礼受けた馴染みの教会、というのも、ショックです。
昔、ひとりある旅行で、指宿の国民宿舎に一泊したことがあった。その部屋の机の上に、九州各地の名所旧跡のパンフレットがあり、開けると、日本神話の海幸彦山幸彦があって、なつかしく読んだ。
被害者が漁業なら、自殺した容疑者は猟銃を持つという。最近法律で、農作物に被害を出す動物の狩猟を臨時職員として採用するのが、通ったという。すぐではないにしろ、そういう情報から、就職を考え及ばなかったか。
その人のタレントは、所詮他人にはわからぬものだろう。事件地域が漁業が盛んで、親友がそれで生計が可能で、無職の者ならスポーツクラブまで見栄で入会することもない、とおもったのだが。

                                                                                                                              • -

犯人は見つからず逮捕されないままだった。その夜夢を見た。
自分が、扉のない隣部屋に入る。広くないのを見回して、また元の部屋に戻った。
すると、正面にもうひとりの自分がいる。右手を差し出すと、もうひとりの自分は、鏡のように、同じ方の手を出した。
でも、もうひとりの自分、の周りに姿見の枠が無い。
それでも、その意味を恐れて、差し出した右手を正面の彼の親指に、腕相撲よろしく絡ませると、内側に回転して、そのままもうひとりの自分に幽体離脱の帰着で重なった。
そもそも、幽体離脱なるもの、よく瀕死の瀬戸際の人が寝床で、もうひとりの自分が天井から見ている、そんなパターンは聞くが。
そろそろ前哨戦の訓練かな。

                                                                                                                              • -

こんな分析、回答も、どこまで意味あるか、疑問だ。
先日、数人の死刑囚の刑が執行された。殺した人数と、やり方まで情報公開してのことだった。その中、2人殺しても死刑、が記憶にあった。
だから、この事件で逮捕されたら、やはり死刑だろう、と。
それが、信者からすれば、そんな敷地内で。
この犯人の犯せし罪は、数ある。その、どれもこれもが常軌を逸している。
どれ、が親友の射殺なら、これ、は女子職員の殺害だ。
猟奇を付けようがそうしまいが、暗澹たる結末しかない。
ただ、「然り、然り」だから、この件、これで〆。