かいふう

近未来への展望や、如何に。

総務省消防庁、2007年版消防白書は大地震対策が特集。

総務省消防庁は18日、2007年版消防白書を公表した。3月に能登半島地震、7月に新潟県中越沖地震が起きたことを受け、大地震への対策を特集。

医療機関と消防機関の連携や防災ヘリコプターの活用、デパートなど大規模施設における自衛消防組織の確立などを求めた。また、避難所など防災拠点となる全国の公共施設の耐震率が、2006年度末現在で59・6%にとどまっていることから、自治体に改善を促している。(読売)