かいふう

近未来への展望や、如何に。

こちらも、親子の歌唱を聴いた。

第49回毎日芸術賞毎日新聞社主催)の受賞者が岡本眸(ひとみ)(俳人)、野田秀樹(劇作家・演出家・俳優)、平岩弓枝(作家)、細江英公(えいこう)(写真家)、森山良子(シンガー・ソングライター)の5氏に決まった。

特別賞は映画「釣りバカ日誌」、「北辰斜(ほくしんななめ)にさすところ」などの演技で三國連太郎氏。また演出家を対象とする第10回千田是也賞には、鈴木裕美氏が選ばれた。(2008年1月1日読売)

                                                                                                                                    • -

森山良子さんがギター片手に、その情感あふれる歌声を響かせたのを聴いた時、少年は、音楽のタレントがわずかでも自分にもある、と感じた。
そうおもわせてしまう魅力が、彼女にはあった。TVでの若い白いドレスでの「禁じられた恋」♪の熱唱。
そして先年、公会堂で聴いたチャリティでの、オルゴールを手にしての、チャップリン「ライムライト」から「エターナル」♪、館内聴衆を静粛にさせるアカペラ独唱。
近頃は、沖縄のビギンの「涙(なだ)そうそう」♪の作詞まで手がけている。勿論、「さとうきび畑」♪の長い唄は、折りあるごと幾度も耳にしました。
おめでとうございます。
森山直太朗さんの「さくら(独唱)」♪にも衝撃。声質というか、比較論文でも書けそうな、歌い方というか息のつき方というか、その後のTV共演もちゃんと聴きました。

                                                                                                                                      • -

4月、春を盛りのひと時。TV番組で、テリー伊藤さんをゲストに、スタジオライブ。今度は、黒を粋に着こなしての都会の洒落た新曲。ひとり二役で、大人の会話、再会の恋ごころ。酔いました。楽しい音楽。だから王道。
マスカラでしょう。その黒がこんなにも可愛く映るのを観たのは、はじめてです。髪も、それも、上着と、タイトスカートの黒も。ご機嫌だった。
またしっかり、受け止めましたとも。
泉谷しげるさんの「春夏秋冬」♪も、料理上手。
老いを知らないパワーは何処からなんでしょう。拍手喝采。ありがとう。