かいふう

近未来への展望や、如何に。

幼児3人追突事故死事件、福岡地裁判決は危険運転致死傷罪を認めず。

kaihuuinternet2008-01-08

2006年8月、幼児3人が犠牲になった福岡市の飲酒運転追突事故で、危険運転致死傷罪と道交法違反(ひき逃げ)に問われた元市職員今林大(ふとし)被告(23)の判決が8日、福岡地裁であった。

川口宰護(しょうご)裁判長は「酒酔いの程度が相当大きかったと認定することはできない」と述べ、危険運転致死傷罪(最高刑懲役20年)の成立を認めず、予備的訴因として追加された業務上過失致死傷罪(同5年)を適用、道交法違反(酒気帯び運転、ひき逃げ)と合わせて法定刑上限の懲役7年6月(求刑・懲役25年)を言い渡した。

量刑理由について、川口裁判長は「結果の重大性、事件の悪質性にかんがみると、刑の上限をもって臨むのが相当」と述べた。

今林被告は危険運転致死傷罪で起訴され、公判で、同罪の適用要件である「アルコールの影響により正常な運転が困難な状態」だったかどうかが争点となった。

川口裁判長は、今林被告が運転を始めた時、「酒に酔った状態にあったことは明らか」としながらも、〈1〉スナックから事故現場まで蛇行運転や居眠り運転をせず、衝突事故も起こさなかった〈2〉事故直前、被害者の車を発見して急ブレーキをかけ、ハンドルを切った――ことなどを重視し、「アルコールの影響により、正常な運転が困難な状態にあったと認めることはできない」と判断した。

その上で、「景色を眺める感じで脇見をしていた」とする今林被告の供述の信用性を認め、事故の原因については「漫然と進行方向の右側を脇見したことにあった」と結論づけた。

弁護側は、業務上過失致死傷罪を適用した上で、執行猶予を求めていたが、川口裁判長は「前方を注視し、進路の安全を確認するという最も基本的かつ重要な業務上の注意を怠った。酒気を帯びた状態にもかかわらず、時速約100キロの高速度で運転し、危険極まりなく悪質」として退けた。

ひき逃げについても「市職員の身分を失いたくないなどと自己保身に汲々(きゅうきゅう)としていた。交通規範意識は著しく鈍麻していた」と指摘。さらに飲酒運転による悲惨な事故が後を絶たないことに触れ、「家族の幸せを一瞬にして破壊し、葬り去った本件のような事故が繰り返されないよう願わずにはいられない」と述べた。

検察側は、今林被告の言動や警察官による飲酒の再現実験などから「被告は相当酩酊(めいてい)し、運転操作が極めて困難な状態だった」と主張。危険運転致死傷罪と道交法違反の併合罪で法定刑上限の懲役25年を求刑した。

同地裁は結審後の昨年12月18日、福岡地検に対し、業務上過失致死傷罪と道交法違反(酒気帯び運転)を訴因に追加するよう命令。同地検は「命令に応じなければ、3児死亡の重大事故でありながら、危険運転致死傷罪について無罪になる可能性がある」と判断。判決言い渡し前に再開された弁論で、業務上過失致死傷罪を予備的訴因として追加する変更手続きを行った。

◆福岡市の飲酒運転追突事故

今林被告は06年8月25日、飲酒後に車を運転し、福岡市東区奈多、海の中道大橋で、同市の会社員大上哲央(あきお)さん(34)の一家5人が乗ったレジャー用多目的車(RV)に追突して海に転落させて逃走。大上さんの長男紘彬(ひろあき)ちゃん(当時4歳)、二男倫彬(ともあき)ちゃん(同3歳)、長女紗彬(さあや)ちゃん(同1歳)を水死させ、大上さんと妻かおりさん(31)に軽傷を負わせた。(読売)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
歌人土屋文明に一首がある。「一ついのち億のいのちに代るとも涙はながる我も親なれば」。60年安保闘争のとき、デモの混乱のなかで亡くなった女子学生、樺(かんば)美智子さんの死を悼んだ歌という◆一つの命が貴い犠牲となり、めぐりめぐって多数の命が救われることになったとしても、わが子をなくした親の悲しみは消えない、と。ましてや、三つの命は◆4歳と3歳の兄、1歳の妹は一昨年の夏、福岡市で飲酒運転の車に追突され、海に沈んだ乗用車の中にいて死亡した。飲酒運転をしてはならぬ、許してはならぬと、多くの人が肝に銘じた事故である◆元市職員の被告(23)に、福岡地裁は業務上過失致死傷罪などで法定の上限、懲役7年6月の判決を言い渡した。危険運転致死傷罪(最高刑・懲役20年)は、要件を満たしていないとして適用されなかった◆奪われた人生を足し算すれば200年を超えるだろう。法を感情で曲げてはならないと知りつつも、胸のなかで罪と罰の天秤(てんびん)がどうにも釣り合ってくれない。曲げることはできなくても、感情をくみ取れるように改めることはできるはずである◆三つの貴い命が犠牲となって「飲酒運転、許すまじ」の空気が生まれ、おかげで救われた命もあっただろう。とはいえ、あどけない遺影を見るたびに輪郭がぼやける。我も親なれば。(2008年1月9日読売・編集手帳
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
判決上、[危険運転致死傷罪]の項目は外した。
この後どうなるか、わからないからだ。
傍聴席は、どのような人々で満席になったろうか。法曹界の卵の人。OBの人。被害者の友人や知人。
自分のごとく、マスコミを介しての間接の人々。
何れ来る、裁判員制度の、宝くじは買わぬ限り当たらぬが、その新制度で運あって、その模擬研修でもあるまいが。
胸中複雑、様々。およそ、法廷で審判する事件は、不幸なものに決まっているだろうが。