かいふう

近未来への展望や、如何に。

衆院選の集計結果、を受けて。

文化勲章 法律

時の政権首相が、「【国難】突破解散」と為したのだから。 結果、「憲法改正」へ向けて。与党が握る「キャスティングボード」の勢力数、にわかに、眼の前の霧が晴れたかのごとく。地平線が開けた感がする。 まさに、【内憂外患】の状況である。予断を許さない。
北海道、中川さんの奥さんも、鈴木さんも及ばず。世代交代の間隙でしょうか。
バイト先の酪農家の奥さんが「内地」と呼んだ、「津軽海峡冬景色」♪の本州以南。あの当時は、未だ青函トンネルは無く、本年は記念年。北の大地には、「ロマンチシズム」と「メルヘン」が未開であっていい。中川昭一がそれらを纏い、外套を取らなかったは、甘い童心だったとしても。権謀術数に急がされた謂われ等無いはずだ。
九州では、「少女フレンド」の表紙を飾った彼女のご子息も当選。

                                                                                                                                                                      • -

「母さん、勝ったよ。今度から、『宿命の子』でなくて。運命の子、と呼んでください。」