かいふう

近未来への展望や、如何に。

拉致議連の古屋圭司新会長、訪米安倍首相に提言を渡す。

安倍晋三首相は12日、超党派の国会議員でつくる拉致議連古屋圭司会長らと官邸で面会し、北朝鮮による拉致被害者の早期帰国実現に向け、あらゆる手段を講じるよう政府に求める議連の提言を受け取った。
首相は来週に予定する日米首脳会談について「トランプ大統領に、拉致問題米朝首脳会談でしっかり主張するよう働きかけていきたい。米朝会談で拉致問題に大きな前進がみられなければならない」と述べた。提言は、北朝鮮が対話姿勢を見せている現下の情勢を「千載一遇のチャンス」とし、北朝鮮拉致被害者の早期帰国を求めるよう米国や韓国、中国に働きかけることを要請した。北朝鮮から具体的な動きを引き出すまでは最大限の圧力を維持することも求めた。
古屋氏によると、首相は「国家安全保障会議(NSC)を含めて詳細に米側と情報共有をして準備をしている」と述べた。11日には谷内正太郎NSC局長がボルトン大統領補佐官と会談するために訪米した。自民党の対北朝鮮総合対策検討プロジェクトチームも12日、拉致被害者の帰国とともに、核・ミサイル開発の放棄を北朝鮮に迫るよう、トランプ大統領に要望することを求める申し入れを首相に提出した。
菅義偉官房長官は記者会見で、河野太郎外相が11日の韓国の文在寅大統領との会談で27日の南北首脳会談で拉致を提起するよう求めたことに関し「拉致問題解決は政権の最重要課題だ。あらゆる人たちに働きかけをしている」と述べた。(産経)