かいふう

近未来への展望や、如何に。

日航機墜落事故、12日で33年。

イエス

520人が亡くなった1985年の日航機墜落事故から12日で33年を迎えるのを前に、遺族らが11日夕、墜落現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」の麓を流れる神流川で灯籠流しを行った。犠牲者を悼み、空の安全を祈った。
 「一生忘れません」。黙とうをささげた遺族らは、亡き人への思いを乗せた色とりどりの灯籠を川面に浮かべた。幼い子どもや、別の事故や災害の遺族の姿もあった。
 父孝之さん=当時(29)=を亡くした神戸市の小沢秀明さん(32)は、6月に結婚した妻裕美さん(32)を連れて参加し、「今年はにぎやかな登山になりそうです」と灯籠に記した。12日の慰霊登山で父の墓標に結婚を報告するという。「防災ヘリの墜落など事故はなくならないが、発信していくことが大事だ」と力を込めた。
 兄夫婦とめいが犠牲になった栃木県大田原市の橋本毅さん(64)は、「伝え続けることで、人のミスによる事故を少しでも減らしていきたい」と話した。(時事)

                                                                                                                                                                                                                                            • -

坂本九さん、タカラジェンヌの方。三姉妹を失った、ご両親。失った人命の数で、哀悼の意を添えることしかないです。