かいふう

近未来への展望や、如何に。

ある時代

 

 

コロナ禍下。

_______________________________________________________________________

_______________________________________________________________________

「ブースター」という、三回目の接種があるそうな。

しかし、来年以降らしい。それで、ならば、その間の空白は、どうすればよいのか。

確かに、二度の接種は、自由度をかなり広げた、と受け止めてはいる。

この安心感の高揚は、要件を満たしている。気分が楽になった。これ、高齢者には重要。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

室内殺菌用製品を買う際、その店の入り口で、並んであった。安い商品ではない。しかも、研究用とあるではないか。

外出時、ペットボトルは、カバン等にいれて、常時持ち歩いている。それも、使用済みでも、水道水を足したものだ。100円硬貨も、小銭とはもはや思えない。