かいふう

近未来への展望や、如何に。

主日

f:id:kaihuuinternet:20190408202339j:plain

エス

「地の塩」舐める者の決意。

_________________________________

________________________________

拉致「国民大集会」を、視聴して。

11月15日、拉致されて44年が経過の横田めぐみさん。横田早紀江さんは、知恵という言葉を提示した。家族会代表が飯塚繁雄さんは、計画を指摘された。

新潟、地元では。松野新官房長官が、日本海の現場周辺を視察。その後、民集に出席された。官房長官は、拉致問題相も兼ねる。

この集会には、オンラインで、横田早紀江さんも出席。会場には、拉致されて未帰還の曽我ミヨシさん、その娘の曽我ひとみさんも来た。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私も、1999年当時。海岸を訪ね、夕食後。護国神社を夜間通り抜け。境内から、鳥居をくぐった。県警の白い立看板は、海への往路見掛けた。

その当時撮った、横田めぐみさんが母校寄居中学からの通学路。帰路の、道順。某インターネット、ブログ掲載を委託。しかし、後年、それが連絡ポスト。大手通信会社の買収紛いで、乗っ取られ同様。違和感を覚えたものだ。

それもあって。ここ、Hatena Blog、の前身。「はてなダイアリー」に転居、掲載と合いなった次第。

ここも、10周年。お祝い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------------

私的個人が追跡が。ここまで、広範に周知されるに及んで。

今や、国連まで決議案採択等。

ある飽和点にまで到達したのであり。解決の境界線は、眼と鼻の先。

各種方法を用いての、広報活動も順調。

先日の衆院選。投票場が、階段の踊り場。市役所に依頼のポスター。あれほど、期間限定を役所側が回答にもかかわらず。ちゃーんと、今も壁に貼ったままである。

私も、支援参加、20周年。

怒りを禁じ得ません。

40年の不在を。彼らが、自由を奪われてある。その不憫と幽閉が惨状を。

我らが痛感し。共に闘う意思を失うこと、無きよう。

 

アーメン